飛行機 墜落 アナウンス 11

LCCのジェットスター・ジャパン機が10日、関西空港に緊急着陸しました。この機体に乗り合わせていた乗客が撮影していたとみられる動画がありました。着陸前の機長のアナウンスから始まる、機内の緊迫した空気が伝わります。 同時多発テロに関する独立調査委員会 『9/11委員会レポート ダイジェスト 同時多発テロに関する独立調査委員会報告書、その衝撃の事実』 WAVE出版、2008年。. ロン速がお ... あの自動アナウンス、今も日航機墜落事故の時のと変わらんのよな そのため、機長の生死に関する情報が5時間にわたり交錯したのでした。 . 九州・沖縄 100 ... 逆に飛行機の機内アナウンスで聞こえてきたら安心する言葉は? 197 ... ys-11じゃないから、よくわかんねぇな . Copyright (C) 2020 TABIZINE All Rights Reserved. 御巣鷹で発生したjal123便の日航機墜落事故の真相を追います。生存者は川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人のみで、機長を含め520人が死亡した悲惨な事故です。日航機墜落事故の原因や、川上慶子さんら生存者のその後から現在を調査します。 アメリカ同時多発テロ事件 (アメリカどうじたはつテロじけん、 英: September 11 attacks )は、 2001年 9月11日 (火)の朝、 イスラーム過激派 テロリスト集団 アルカイダ による米国に対する4回の協調 テロ攻撃 であった 。 『マニアの間で人気!?三角マークがついている飛行機の座席の意味とは?』 [18:50:27] 先日、羽田~那覇間をANAで往復した。そのとき、台風が迫っていたこともあって、機体がかなり揺れた。, 毎回感じるのだが、この定型文ではほとんどの乗客が安心できないだろう。なぜならこの機内アナウンスには「なぜ大丈夫なのか?」というロジックが一切入っていないからである。, 仕事の現場で、入社したての新人さんに「問題から、大丈夫!」と言葉でフォローだけしても新人にしてみれば、全くもって不安しか感じないのと同じ理屈だ。, もとい、もし本当に悪天候だけでは飛行機は墜落しないのだとしたら、墜落するのはどんなときなのか?, ぼくの大好きなアメリカのジャーナリスト、マルコム・グラッドウェル氏が、この疑問の回答になるべく、素晴らしい本を出しているので、今日はその話を紹介(引用要約)しようと思います。, 民間のジェット旅客機は、トースターと同じくらい信頼に値すると言われるほど安定し、壊れにくいはずなのに、なぜ事故が起きるのか?, 該当機の機長は42歳。健康状態は良好。大韓民国空軍の元パイロットで、約4年前に大韓航空に雇用された。総飛行時間は8900時間のベテラン。操縦する旅客機はボーイング747型機801便。〝クラシック〟と呼ばれる機種であり、最高の飛行整備状態にあった。かつて大統領専用機として使われていた機体である。, 801便は、ソウル時間の夜8時半にゲートを出発。グアム国際空港を目前とした午前1時41分48秒、激しい雨の中、機長が「ワイパーをオンに」と命じ、航空機関士が風防ワイパーを作動させた。, 機長は滑走路を探していたが、視認できない。その直後にGPWS(地上接近警報装置) の警報が鳴った。飛行機は地上からわずか500フィート(約152m) 上空を飛んでいるのに滑走路が見えなかった。そんなことがあり得るだろうか。, 1時42分19秒。副操縦士が「 進入復行しましょう」と言い、着陸を断念して、再度上昇するよう提案する。ふたりは機長にゴー・アラウンド(着陸復行) させ、機首を上げ、着陸をやり直しさせたかった。, 801便はグアム国際空港の三マイル手前にある、 うっそうと植物のしげった丘陵地に墜落する。岩だらけの地面に時速100マイル(約161km) で激突し、機体は2000フィート横滑りし、石油パイプラインを切断、松の木をへし折り、谷間に突っ込んで炎に包まれた。, ブラックボックス解析のスペシャリスト心理学博士、マルコム・ブレンナーがこの事故の調査にあたった。, ・通常、グアム空港への進入は難しいものではない。・グライドスロープが故障していたが、その1ヶ月間、他機は問題なかった(航空機の着陸システム。適切な進入角度を指示するための電波誘導装置)・悪天候だった(よくあること), このような状況にあり、本来であれば機長は、他乗務員と着陸方法について、いくつかの代替案を考えておくことになっていたが、機長はそれを怠った。, 機長は高度560フィートで滑走路が視認できなければ、ゴー・アラウンド(着陸復行) すればいいと決めつけていた。それはそれで一理あるのだが、ひとつだけ落とし穴があった。機長がその判断の元にしたVOR(航空機のための、超短波による方向指示標識)は、空港のものでなく、2.5マイル手前のニミッツヒルのものだった。, そして、このとき時刻は夜中の一時。仮眠こそ取ったものの、機長は前日の朝六時からずっと起きたままだった。, 例えば墜落の典型的な原因は悪天候、しかも過酷である必要はなく、パイロットが通常よりストレスを感じる程度の天気だ。, また、墜落事故の52パーセントが、機長が目を覚まして12時間以上経過した後、すなわち機長が疲れ、判断力も鈍っているときに発生している。, さらに、墜落事故の44パーセントが機長と副操縦士が初めての顔合わせのとき、つまり、お互いに落ち着かない関係のときに起きている。, 機長か副操縦士がミスをひとつ犯しても、それだけでは問題ではない。ミスがどんどん重なり、七つめのエラーが積み重なると、大惨事を引き起こす。, さらに言えば、これら七つの過失は、まず知識や飛行技術の問題ではない。パイロットが難しい操縦技術を求められ、それに失敗したわけではないのだ。墜落の原因となるエラーは、いつも必ずチームワークとコミュニケーションに関係がある。, 設備の小さな不具合、悪天候、機長の疲労の三つだ。 ひとつずつでは十分な条件になり得ない。だがこの三つが揃ったとき、コックピットは全員の力を結集しなければならない。, 「コックピットはふたりの人間が作業するためにデザインされている。操縦がもっともうまくいくのは、一方が相手の行動を点検・確認するとき、あるいは双方が協力するときだ」, 例えば多くの航空会社では、物事が誤った方向に進んでいると判断したとき、副操縦士が機長に異議を唱える標準的な方法を指導している, 「機長。私は……について心配しています」。次に「機長。私は……について不安を感じています」。機長がまだ応じない場合は「機長。状況は安全ではないと思います」。, 航空業界の専門家は、この課題を克服してきたことが、他の要因とも重なって、近年の航空機事故の激減につながってきたと証言するだろう。, また、欧米の航空会社で必ず実行している単純な決まりごとは、〝機長と副操縦士が名前で呼び合うことだそうだ。『機長。あなたのやっていることは間違っています』なんて言うよりも、名前で呼んだほうがずっと言いやすいからだという。, そういった意味では、飛行機は、経験の乏しいほうのパイロットが操縦するほうが安全といえる。なぜなら、経験の豊富な機長は経験の少ない副操縦士に遠慮なくものが言えるから。, このパワーバランスを熟知した機長は、会えて離陸前に副操縦士とこのようなコミュニケーションをとる。, 「僕はそんなにしょっちゅう飛んでないんだ。月に三、四回くらいかな。君のほうがずっと多く飛んでいるね。だから、僕がなにか馬鹿なことをしたら、それは僕が頻繁に飛んでいないせいだから、そのときは、おかしいと教えてくれないか。僕を助けて欲しいんだ』, 言語学者のウテ・フィッシャーとジュディス・オレイサヌは、かつて、機長と副操縦士に次のような筋書きを渡し、質問に答えてもらった。, あなたは気象レーダーを確認し、二五マイル先で豪雨が降っていることに気づく。パイロットは現在の航路をマッハ〇・七三で飛びつづけている。すでに現在の位置でも、目には見えない危険な雷雨が報告され、穏やかな乱気流に遭遇している。あなたは豪雨エリアを避けたい。, 一・命令  「右へ30度旋回」二・乗務員の義務の表明  「われわれはすぐに 経路逸脱 する必要がある]三・乗務員の提案  「悪天候を避けよう」四・質問  「どちらに経路逸脱します五・選択  「左か右に旋回するのが賢明ではないかと思い六・示唆  「25マイル先を通ったら厄介そうです」, 調査の結果、圧倒的に多くの機長は〝命令〟と答えた。つまり「右へ三〇度旋回」だ。彼らは部下を相手にするのだから、遠慮なくものが言える。, 一方、副操縦士は機長を相手にするのだから、圧倒的多数がもっとも柔らかい表現を選んだ。〝示唆〟である, このような「権力格差」が存在するコクピットが緊急事態に陥った場合、果たして、飛行機の操縦にどのような影響がでるのだろうか?, 欧米のコミュニケーションは言語学者の言う〝話し手本位〟だ。考えを明瞭に、曖昧さを残さずに伝えるのは、話し手の責任とみなされる。一方、韓国やアジア諸国では〝聞き手本位〟だ。会話の意図を読み解くのは聞き手の責任である。, だから大韓航空の航空機関士は、自分は多くを伝えたと考えた。また、韓国のような権力格差のコミュニケーションが機能するのは、聞く側に細かい注意を払う能力があり、時間に余裕があり、お互いに意味が読み取れるときだ。嵐の夜、操縦室で心身ともに疲労困憊 した機長が、グライド・スロープの壊れた空港に着陸するときには機能しない。, ②ディナーの席では、 目下は目上が椅子に座って食べはじめるのを待たなければならない。, だが、目上が目下を待つことはない。地位の高い人の前で煙草は吸わない。酒を飲むときは、部下はグラスを隠し、上司から顔を逸らせて飲む……社会的地位の高い相手を出迎えるときは、おじぎを・・・・, このような「権力格差」を考慮すれば、機内での会話においても「示唆」が多くなることは想像に難くない。, 副操縦士が機長に「もっと雨が降ると思いませんか? このエリアですが?」と訊ねたときの、副操縦士の意図はおおよそ次のようなものではないだろうか?, 「機長。目視による進入を行うと決め、代替案のブリーフィングも行われませんが、気象条件はひどく悪いものです。機長は、いまに雲を抜けて滑走路が見えるはずだとお考えですか?。でも、もしも滑走路が見えなかったら?外は真っ暗で、激しい雨が降り、グライド・スロープも故障していたら?」, だが〝権力格差の格付け〟がある韓国人にはそうは言えない。だから示唆する。副操縦士の考えでは、上司にぎりぎり精一杯のことを伝えたつもりだ。, そして、コクピットにいるもうひとり航空機関士も、悪天候のひどさに気づいていた。天候を観測するのが彼の仕事だからだ。航空機関士がついに口に出すことにした。, 「機長、気象レーダーがおおいに役立っています」   気象レーダーがおおいに役立っています?, ふたつ目の示唆。航空機関士の意図するところは副操縦士と同じだ。 「機長!今夜は機長の目視だけで着陸できる状況にありません。  気象レーダーを見てください。行く手に悪天候が待ち受けています!」, この事故の約二〇年前、1978年に大韓航空ボーイング七〇七型機がソ連領空を侵犯し、ソ連防空軍の迎撃戦闘機に銃撃され、不時着した(大韓航空機銃撃事件)1980年、ボーイング747型機がソウルで墜落(大韓航空015便着陸失敗事故)1983年、ボーイング747型機がソ連領空を侵犯し、迎撃戦闘機に撃墜された(大韓航空機撃墜事件)       1987年には、ボーイング七〇七型機が工作員の仕掛けた爆弾により、ミャンマー沖のアンダマン海上空で空中分解(大韓航空機爆破事件), そして1989年7月はリビアの首都トリポリで、また同年11月はソウルで立てる付けに墜落事故が発生。, 1988年~1998年における、アメリカ・ユナイテッド航空の100万回のフライトあたりの、〝機体損失〟率は0.27。つまり400万回のフライトに一度、事故で機体を損失する計算だ。, 対する大韓航空の損失率は4.79。ユナイテッドの実に17倍以上。1999年、当時の 金大中 大統領は率直に認めざるを得なかった。「大韓航空の問題は一企業の問題ではなく、韓国全体の問題である」、「わが国の信用が危機に瀕している」と。, 1999年以降、彼らの安全記録には非のうちどころがない。2006年には、米国の民間航空業界の月刊誌『エア・トランスポート・ワールド』誌から、課題の取り組みにおける業績が認められ、フェニックス賞が贈られた。, 業界の専門家は、現在では同社が世界のどんな航空会社にも負けないくらい安全だと保証するだろう。同社が最悪のエアラインから、世界でも優良の、アウトライアーなエアラインへと変貌に成功したのは同社が〝文化的な遺産〟の重要性を認めた後だった。, 2000年、大韓航空はデルタ航空の元運航本部長だったデイヴィッド・グリーンバーグを、安全・運航部門の統括担当副社長に迎えた。グリーンバーグはまず、全搭乗員の英語力を審査し、大韓航空の新しい言語は英語であることを浸透させた。グリーンバーグの論理の根拠は、「英語こそが航空業界の言語だ」というものだ。, パイロットが操縦室に座ってチェックリストに目を通すとき、それは英語で書かれている。世界中のどこへ行っても、管制官との交信は英語で行われる。, グリーンバーグは、パイロットたちに、代わりとなるアイデンティティを与えたかった。通常、パイロットは自国の〝文化的な遺産〟の重みに押しつけられた役割から抜け出せない。だからこそ、パイロットには操縦室に座ったとき、その役割から抜け出す何らかの〝好機〟が必要であり、, 英語を話すとき、厳密に定められた自国のヒエラルキーの階層、〝形式張った尊敬〟〝形式張らない尊敬〟〝慇懃〟〝親しい〟〝親密〟〝率直〟から解放される。そして、まったく別の遺産を持った文化と言語に参加するのだ。, from40simpleさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ID: WtH0t6p5aU, 2019/07/04(木) 02:04:22 ミクロネシア 『飛行機の窓の角が丸くて、実は真ん中の1枚に小さな穴が開いている理由』 Alexander Reilly, Gabrielle Appleby and Laura Grenfell. This page author : TABIZINE 御巣鷹で発生したjal123便の日航機墜落事故の真相を追います。生存者は川上慶子さん、落合由美さん、吉崎博子さん、吉崎美紀子さんの4人のみで、機長を含め520人が死亡した悲惨な事故です。日航機墜落事故の原因や、川上慶子さんら生存者のその後から現在を調査します。 | 『オヤジが美少女になってた話』作者がヘアドネーション体験マンガを発表. ところが、この報道は日本航空による隠ぺい工作だったのです。 ブログを報告する, あらゆるものは「集まるところにはさらに集まり、ないところにはずっとない」という法則, あなたも必ず3C分析してみてほしい。あなたの顧客はだれか。 あなたの競合はだれか。. 2017年6月のこと、乗客359人を乗せた格安航空エアアジアXの旅客機エアバスA 330 が、オーストラリアのパースからマレーシアに向けて飛んでいました。 離陸後1時間半近く経ったころ、バンという大きな音がし、機体は異常な振動に見舞われます。エンジントラブルが発生したのです。 激しい振動のなか流れた機内アナウンスは、「私たちの生存は皆さまの協力にかかっています」というものでした。ただその協力は「祈ってく … アメリカ同時多発テロ事件(アメリカどうじたはつテロじけん、英: September 11 attacks)は、2001年9月11日(火)の朝、イスラーム過激派テロリスト集団アルカイダによる米国に対する4回の協調テロ攻撃であった[4][5][6]。, この攻撃により、2,977人が死亡し、25,000人以上が負傷し、長期にわたる健康被害に加えて、少なくとも100億ドルのインフラと財産の損害が発生した[7] [8]。, 9.11は人類史上最悪のテロ攻撃であり、消防士と法執行官の犠牲者はそれぞれ343人と72人で、米国史上最悪の事件である[9]。, アメリカ合衆国北東部の空港からカリフォルニアに向けて出発した旅客機4機が、アルカイダのテロリスト19人にハイジャックされた。アメリカン航空11便とユナイテッド航空175便の2機は、それぞれロウアーマンハッタンのワールドトレードセンター複合施設のノースタワーとサウスタワーに墜落した。1時間42分以内に、ともに110階建ての両タワーが崩壊した。破片とそれに伴う火災は、47階建ての7 ワールドトレードセンタータワーを含むワールドトレードセンター複合施設の他のすべての建物の一部または完全な崩壊を引き起こし、また、他の10の大規模な周囲の構造物に大きな損害を与えた。3機目のアメリカン航空77便は、バージニア州アーリントン郡のペンタゴン(国防総省の本庁舎)に墜落し、建物の西側が部分的に崩壊した。4機目のユナイテッド航空93便は当初、ワシントンD.C.に向かって飛行していたが、乗客がハイジャック犯を阻止した後、ペンシルバニア州ストーンクリーク・タウンシップの野原に墜落した。, すぐにアルカイダに疑いの目が向けられた。米国は対テロ戦争を開始してアフガニスタンに侵攻し、アフガニスタンからアルカイダを追放し、指導者のウサーマ・ビン・ラーディンを引き渡すという米国の要求に従わなかったタリバンを退陣させた。多くの国がテロ攻撃を防ぐために、テロ対策法を強化し、法執行機関や情報機関の権限を拡大した。ビンラディンは当初、関与を否定していたが、2004年にはテロ攻撃の責任を主張した[10]。アルカイダとビンラディンは、米国のイスラエル支援、サウジアラビアにおける米軍の存在、イラクに対する制裁を動機として挙げた。ビンラディンは10年近く捕縛を逃れた後、2011年にパキスタンに居を構え、米軍の空襲で殺害された。, 世界貿易センターとその周辺のインフラの破壊は、ニューヨーク市の経済に深刻な打撃を与え、世界市場に大きな影響を与えた。米国とカナダの民間空域は9月13日まで閉鎖され、ウォール街は9月17日まで閉鎖された。さらなる攻撃への警戒や恐れから、多くの閉鎖、避難、キャンセルが続いた。ワールドトレードセンター跡地の清掃は2002年5月に完了し、ペンタゴンは1年以内に修復された。1 ワールドトレードセンターの建設は2006年11月に始まり、2014年11月にオープンした[11] [12]。ニューヨーク市の911メモリアル&ミュージアム、バージニア州アーリントン郡のペンタゴンメモリアル、ペンシルバニア州の墜落現場にある93便ナショナルメモリアルなど、多数の慰霊碑が建設されている。, 2001年9月11日朝(現地時間)、マサチューセッツ州ボストン、バージニア州ダレス(ワシントンD.C.近郊)、ニュージャージー州ニューアークを発った4機の旅客機が、モハメド・アタを中心とするアラブ系のグループによってほぼ同時にハイジャックされた。彼らは操縦室に侵入し、パイロットを殺害した後、自ら操縦して、2機(アメリカン航空11便、ユナイテッド航空175便)をニューヨーク・マンハッタンへ、残り2機(アメリカン航空77便、ユナイテッド航空93便)をワシントンD.C.へ向かわせた[13][14]。, なお、乗っ取られた4機のうち2機がアメリカ合衆国のボーイング社製のボーイング767型機で、残りの2機がボーイング757型機である。この2種類の機体は、運行する航空会社のパイロットに互換性を持たせるために、コックピットの操縦システムは基本的に同じ物が使われており、いずれも2人のみで操縦できるため、意図してこれらの機体が運行されている便が選択されハイジャックされたと考えられている。, また、実行犯のリーダー、モハメド・アタをはじめとする一部のハイジャック犯たちは、アメリカ合衆国内にある民間の航空学校(ホフマン飛行機学校[15])で小型機の自家用操縦免許を取得した後に、これらの機体の操縦方法を事前にフライトシミュレータで訓練していたことが明らかになっている[16]。, これら4機がいずれも北米大陸横断ルートという、アメリカ合衆国国内線の中では長距離飛行に入るルートを飛行する便であったのは、長距離便のために燃料積載量が多く、衝突後の延焼規模を多くすることを狙ったと推測する者[要出典]もいる。なお、ハイジャックされて激突・墜落させられた旅客機の乗客・乗員は全員死亡している[17]。, ボストン発ロサンゼルス行きアメリカン航空11便(ボーイング767-200ER型機・機体記号N334AA)は、乗客81名(日本人1名を含む)・乗員11名を乗せ、午前8時00分頃にローガン国際空港を離陸し、ロサンゼルス国際空港に向かった[18][19]。その後、11便は午前8時14分頃に始められたハイジャックにより、コックピットを乗っ取られた[20]。11便は午前8時27分に進路を南向きに変え、午前8時46分にニューヨーク・ロウアーマンハッタンのワールドトレードセンター・ツインタワー北棟(110階建)に突入し爆発炎上した[21][20]。角度、速度ともに浅い離着陸時の事故と違い、機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。, 11便がワールドトレードセンター北棟に衝突する瞬間は、地元消防署の取材をしていたフランスの映像作家、ノーデ兄弟(英語版)によって撮影されていた[22]。他に、チェコ移民の労働者パヴェル・フラヴァが車で通勤中に撮影した映像が残されており、これら2本のみが11便衝突の瞬間を捉えた記録とされている。, ボストン発ロサンゼルス行きユナイテッド航空175便(ボーイング767-200ER型機・機体記号N612UA)は、乗客56名・乗員9名を乗せ、午前8時14分にローガン国際空港を離陸し(アメリカン航空11便でのハイジャック発生とほぼ同時)、ロサンゼルス国際空港に向かった[23][24]。午前8時42分頃、175便のパイロットは離陸直後に耳にした不審な内容の無線(ハイジャックされたアメリカン航空11便からの無線だった)について管制官に報告したが、それから午前8時46分までの間に175便もハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた[20]。その後、175便は午前8時58分にニューヨークへ進路を変え、午前9時03分にワールドトレードセンター・ツインタワー南棟(110階建)に突入し爆発炎上した[20][21]。南棟では北棟の爆発を受けて多くの人が避難を開始していたため、人的被害は北棟に比べて少なかったが、衝突による構造へのダメージはより大きく、先に突入を受けた北棟より早く南棟が崩壊している[25]。, 11便とは異なり、175便の突入時には、既に多くの人に事態が認識されていたことから、突入の瞬間の映像や写真が多数記録されている[26]。なお、105階に居たエーオン副社長のケビン・コスグローブ(南棟の崩壊時に死亡)が、南棟が崩壊する瞬間まで911番へ電話で状況を伝えていた音声が録音されており[27]、この録音はザカリアス・ムサウイの裁判において証拠として用いられた[28]。, ワシントンD.C.(ダレス国際空港)発、ロサンゼルス(ロサンゼルス国際空港)行きアメリカン航空77便(ボーイング757-200:機体記号N644AA)は、乗客58名・乗員6名を乗せて、午前8時20分に出発した。午前8時50分頃までにハイジャックされコックピットを乗っ取られた。直後に進路を北向きに変えた後、南へ転回、その後東へ進路を変えた。最初の進路離脱から3分間は管制塔と機長が交信していたが、その後通信不能となった。, そして午前9時38分、バージニア州アーリントンにあるアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に激突し、爆発炎上した。激突の瞬間の映像がペンタゴンの駐車場の監視カメラによって記録されており、また付近を通行中の多くのドライバーや歩行者によって降下し激突する瞬間が目撃された。, 防犯カメラなどの映像によると、機体は水平の状態で地面を滑走しながらペンタゴンに衝突していたが、高速で建築物に激突・炎上したため機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。, ニューアーク(ニューアーク空港)発サンフランシスコ(サンフランシスコ国際空港)行きユナイテッド航空93便(ボーイング757-200、機体記号N591UA)は、午前8時42分、乗客37名(日本人1名を含む)(乗客37名中4人はテロリスト)・乗員7名を乗せて、滑走路の混雑で30分遅延で出発した。93便離陸の僅か数分後、アメリカン航空11便が世界貿易センター北棟に激突した。, 乗客の機内電話からの通報によると、午前9時27分にハイジャックされ、コックピットを乗っ取られた。オハイオ州クリーブランド付近で進路を南に変え、さらに南東へ向かった。ワシントンD.C.へ向かうことを管制官に通告、標的はアメリカ合衆国議会議事堂かホワイトハウスであったと推測されている。, 午前9時57分、機内電話や携帯電話による外部との連絡で、ハイジャックの目的を自爆テロと認識した乗客が機の奪還に乗り出す。その僅か数分後、ワールドトレードセンター・ツインタワー南棟が完全崩壊した。午前10時03分、93便は、490ノット(時速563マイル、時速907km)の速度でペンシルベニア州ピッツバーグ郊外シャンクスヴィル(ワシントンD.C.北西240kmの場所)に墜落した[29]。離着陸時の速度の倍以上の高速で地上に衝突したため、機体の残骸はほとんど原形を留めていなかった。なお、地震計のデータから墜落の時刻を午前10時6分と公式記録と異なる報告がなされたが、後にこの時刻を算出した地震学者本人により撤回されている。, 乗客たちがハイジャッカーたちに反撃した際に「Let's Roll.(さあやろうぜ)」を合図にしたと言われている。この「Let's Roll」は、9・11事件以降のアフガニスタンへの「報復戦争」において一種のスローガンとして用いられた[30]。9・11事件の調査委員会は乗客はコックピット内に進入できなかったと結論づけているが[20]、一部の遺族はCVR音声に乗客がコックピットに進入した証拠が記録されていると主張している[31]。なお、離陸からハイジャック、墜落までの乗員乗客の行動を基にした映画『ユナイテッド93』が2006年に公開された[32]。, 午前8時46分40秒、ハイジャックされたアメリカン航空11便がワールドトレードセンター北棟 (1 WTC)の北面に突入した[34]。旅客機は北棟の93階–99階を切り裂くように衝突し、数百人が即死した。11便に搭載されていたジェット燃料によって北棟の高層階では爆発的な火災が起こり、引火した燃料がエレベーターシャフトを通じて落下したことで地上ロビーのような低層階でも爆発が発生した[35][36]。, 衝突から10分が経たないうちに、火災と黒煙は上層階に広がり始めた。8時52分には、熱と煙、炎による耐え難い苦痛により、高層階から飛び降りる人々も現れた[37][38]。この時点では、北棟への航空機の突入は(テロ攻撃ではなく)事故であるとの見方が大勢を占めていた[39]。当時の大統領ジョージ・W・ブッシュも第一報を受けて「これはパイロットエラーによる事故だ」と発言した[40]。, 午前9時02分59秒、ハイジャックされたユナイテッド航空175便がワールドトレードセンター南棟(2 WTC)の南面に突入し、南棟は爆発炎上した[41]。航空機は機体を傾けながら77階–85階にかけて衝突しており、78階のスカイロビー(英語版)で避難のためエレベーターを待っていた数百人の多くが即死、または重傷を負った[42]。この衝突によって南棟が負った構造的ダメージは、北棟と比較してより深刻だった[25]。2機目のジェット機が南棟に衝突した瞬間は数多のカメラによって様々な角度から捉えられた[43]。この時点で、一連の出来事が事故ではなく故意に起こされた攻撃であることが広く認識された[39][40]。, 午前9時37分、ペンタゴンにハイジャックされた旅客機(アメリカン航空77便)が突入した[44]。9時42分、連邦航空局(FAA)はアメリカ合衆国大陸部内のすべての民間航空機を離陸禁止とし、すでに飛行中の民間機にはただちに着陸するよう指示した[20]。, 午前9時59分、ユナイテッド航空175便の突入から56分後、ワールドトレードセンター南棟が崩壊した[45][46]。その直後の10時03分11秒、ハイジャックされたユナイテッド航空93便がペンシルベニア州で墜落した[47]。10時28分、アメリカン航空11便の突入から102分後、南棟に続きワールドトレードセンター北棟が崩壊した[45][46]。, ワールドトレードセンターのツインタワーは、航空機の衝突による大規模な構造的ダメージに加え、ジェット燃料が引き起こした火災の熱で構造部材(鉄骨柱・床トラス部材等)の強度が著しく低下したことで崩壊したと考えられている[48][49]。アメリカ国立標準技術研究所の報告書によれば、火災によるダメージは(ジェット燃料ではなく)主にオフィス内の可燃物によるものであり、それらの可燃物が火災を増長しなければ、ツインタワーは崩壊を免れていた可能性がある[50]。ツインタワーは、建設当時に世界最大のジェット旅客機であったボーイング707が突入しても崩壊しないよう設計されていたが、漏れ出したジェット燃料とそれによる大規模火災の影響は設計上考慮されていなかった[48]。, 北棟の崩壊時、瓦礫が隣接する7 ワールドトレードセンタービル(7 WTC)に降り注ぎ、7 ワールドトレードセンターは損傷、さらに火災が発生した。火災が数時間にわたって持続したことにより、ビルの構造的健全性は失われた。午後5時21分、7 ワールドトレードセンターは倒壊した[51][52]。, 7 WTC以外にも、ワールドトレードセンター・コンプレックスと周辺の多くのビルが壊滅的な被害を受けた。全壊した施設には聖ニコラス聖堂も含まれていた[53]。1 WTC(北棟)、2 WTC(南棟)と同様に、3 WTC(マリオット・ワールドトレードセンター(英語版))と7 WTCは跡形もなく破壊された。4 WTC(英語版)、5 WTC、6 WTC(英語版)(合衆国税関ビル)、ウエスト・ストリートを渡る2つの横断歩道橋は激しく損壊した。リバティ・ストリートを隔てたドイツ銀行ビル(英語版)は部分的に損壊し、2007年より始まった解体作業で取り壊された[54][55]。ウエスト・ストリートを隔てたワールドフィナンシャルセンターの2棟のビルもダメージを被った[54]。ワールドトレードセンター・コンプレックスの地下にはPATHトレインのワールド・トレード・センター駅が位置していた。ツインタワーの崩壊時、この駅は完全に破壊され、この駅からハドソン川の下を通ってニュージャージー州ジャージーシティのエクスチェンジ・プレイス駅へ向かうトンネルも水没した[56]。, 北棟の崩壊により、北棟の屋上に設置されていた通信アンテナも破壊された。一時的に多くのTV局・ラジオ局の放送が断絶したが(WCBS-TVのみがエンパイアステートビルにバックアップ用の通信装置を持っていた)、それらの放送局はすぐに別ルートでの通信を確立し、放送を再開することができた[53][57]。ワールドトレードセンターの敷地における火災は、テロ事件から100日後の12月20日にようやく鎮火された[58]。この事件以降、ワールドトレードセンター・コンプレックス跡地は「グラウンド・ゼロ」や「ワールドトレードセンター・サイト(跡地)」とも呼ばれている。, ワールドトレードセンター(WTC)へのテロ攻撃による死者は合計で2763人だった。その内訳は、事件当時WTCに居た民間人が2192人、消防士が343人、警察官が71人、ハイジャックされた旅客機の乗員・乗客が147人、ハイジャック犯のテロリストが10人となっていた[59]。, WTCのツインタワーで死亡した民間人の90%以上は、ジェット機が直撃した階以上のフロアに居た人々だった[60]。北棟では、直撃を受けた階以上のフロアに1355人が閉じ込められ、煙の吸引・タワーからの落下・最終的なタワーの崩壊などの理由によってその全員が死亡した。北棟の3つの非常階段すべてがアメリカン航空11便の衝突の際に破壊されており、上層階から人々が脱出することは不可能だった。一方で、(北棟において)直撃を受けた階より下のフロアで死亡した民間人は107人とされている[60]。, 南棟で死亡した民間人は計630人であり、北棟の半分以下の数字だった[60]。南棟では、北棟へのジェット機突入の直後から多くの人々が自主的に避難を開始していたため、死者の数は大幅に抑えられた[61]。一方で、『USAトゥデイ』は最初のジェット機突入後に南棟に居た全員を避難させることができなかったことを「事件当日に起きた大きな悲劇のひとつ」と評している[62]。南棟では、ユナイテッド航空175便の衝突の後も非常階段のひとつ(A階段)が崩壊を免れており、このA階段を利用することで18人(直撃を受けた階から14人、それより上の階から4人)が生還した[63]。, ジェット機の衝突によって北棟・南棟ではエレベーターが停止し、多くの人が閉じ込められた。『USAトゥデイ』の推定では、最小で200人、最大で400人がツインタワーのエレベーターに閉じ込められた状態で死亡したとされている[64]。エレベーターに閉じ込められたものの、そこから自力で脱出した生還者は21人のみだった[64]。エレベーターにおける死者は、ケーブルの破断によるエレベーターの急落下や、エレベーターへの火炎の侵入によって死亡しており、それらを免れた者もタワーの崩落時に死亡した[64]。, ツインタワーからの転落もしくは飛び降りによる死者は最低でも200人と推定されている[65]。そのほとんどが北棟で発生したものであり、南棟からの転落・飛び降りによる死者は12人に満たなかった[65]。北棟から落下した人々の多くは、タワーに隣接する道路や広場(トービン・プラザ)および3 WTCビルの屋上にたたきつけられて死亡した[65]。消防士の1人は落下してきた人の巻き添えとなり死亡した[65]。, 北棟の101階–105階を占めていた投資銀行のキャンター・フィッツジェラルド(英語版)では、他の雇用主を大きく上回る658人もの従業員が犠牲となった[66]。キャンター・フィッツジェラルドの直下、北棟の93階–100階を占めていたマーシュ・アンド・マクレナンでは358人の従業員が犠牲となった[67][68]。南棟のエーオンでは175人の従業員が犠牲となった[69]。, アメリカ国立標準技術研究所(NIST)は、事件発生当時のワールドトレードセンター・コンプレックスには約1万7400人の民間人が存在したと推定している。港湾公社のターンスタイルによる記録では、午前8時45分には(通常は)1万4154人がツインタワー内に存在したことが示唆されている[70][71]。ジェット機が直撃した階よりも下のフロアに居た人々は、その大半が安全にタワーから避難することができた[72]。ツインタワー南棟の崩壊時、当時南棟に居た民間人、消防士ならびに警察官は全員死亡し、タワー周辺の道路やビルでも多数の死者が生じた[73]。北棟の崩壊時には、12人の消防士、1人の警察官、および3人の民間人が崩壊を免れた非常階段に守られる形で生き残ったが、それ以外に生存者はいなかった[74][75]。, 午前9時37分45秒、ハイジャックされたアメリカン航空77便(ボーイング757)が、バージニア州アーリントン郡のアメリカ国防総省本庁舎(ペンタゴン)に突入した[44]。アメリカン77便はビルの西壁に衝突して爆発炎上し、77便の乗客・乗員全員が死亡したほか、ペンタゴンに居た125人の国防総省職員(民間人70人、軍関係者55人)が死亡、106人が重傷を負った[76]。, 77便の衝突と続いて発生した火災によってペンタゴンは激しく損傷し、ビルは部分的に倒壊した[77]。ペンタゴンに突入する直前、旅客機の翼は地上の街灯をなぎ倒し、さらに発電機に接触した[78][79]。77便はペンタゴン西側外壁の1階部分に激突したが、衝突の瞬間にボーイング757の胴体前部はバラバラになり、その後一瞬のうちに機体中央部と尾翼部が勢いを保ったまま外壁を突き抜けた[80]。最も深くまで到達したのは尾翼部の破片であり、5層ある外壁のうち3層を突き破り、94m内側まで貫通していた[80][81]。その後10時10分には、衝突で損傷したビルの一部分が倒壊した[82]。ビルの倒壊部分は最大で幅29m、奥行き15mにわたった[83]。77便の衝突からビルの崩壊まで時間的猶予があったため、4-5階に居た職員は全員が安全に避難することができた[84]。旅客機の突入時、ペンタゴンでは約1万8,000人が働いていたが、この数字は1998年に始まった改修工事によって通常より4,000人ほど少なかった[85]。, この直前に起きたワールドトレードセンター・ツインタワーへの他の飛行機の突入の影響で情報は錯綜し、最初の報道は単にペンタゴンが爆発炎上したというだけであったが、後に付近を通行中のドライバーや歩行者によってアメリカン航空機が北側から旋回して激突したとの目撃が証言され報じられた。さらに激突の瞬間の映像がペンタゴンの駐車場の監視カメラによって記録され、すぐにFBIによって回収、捜査された。, テロ当日は北アメリカ航空宇宙防衛司令部(ノーラッド)の年に一度行われる訓練の日であり、東海岸から離れた場所で万全の防空体制で訓練に当たっていたはずだった。しかし連邦航空保安局からアメリカン航空11便ハイジャック発生の第一報が入ったのは8時40分ごろで、マサチューセッツ州のケープコッド南西部にあるオーティス空軍州兵基地[86]からF-15戦闘機2機がスクランブル発進したのは8時52分だった。, スクランブル発進したF-15はアメリカン航空11便を追跡するよう命じられたが、発進した時11便はすでにツインタワー北棟に突入した後だった。管制室は途中からユナイテッド航空175便を追跡させているという認識だったが、状況の把握が不十分で、パイロットも何を追跡しているか認識できていなかった。同機は一旦ロングアイランド湾で待機するよう命じられ、ニューヨーク上空への進入を命じられたのは175便がツインタワー南棟に突入した後だった。しかしF-15には旅客機攻撃の権限が無く、突入を止めることは不可能だったとされる(進路妨害は可能だったという指摘もある)。, ワシントンD.C.には、ノースカロライナ州上空で訓練していたF-16戦闘機3機が呼ばれたが、飛来したところで基地への着陸待機を命じられた。3機はアメリカン航空77便の追跡を命じられ再度離陸したが、もともと訓練中だったために燃料が不足し始め、うちの2機は訓練用の模擬弾しか装備していなかった。9時30分に別のF-16が3機発進し、ワシントン近くに飛来したが、これらには攻撃用のサイドワインダーが装備され、旅客機撃墜の権限が与えられていた。しかし、結局77便に合流することは無く、9時38分にペンタゴンへの攻撃の阻止には至らなかった。, オハイオ州上空を飛行していたユナイテッド航空93便の付近で、積荷の搬送を行っていたC-130輸送機が、管制官から93便を捕捉するように命じられた。C-130は93便墜落の際、17マイル離れたところに位置していた。, ノーラッドから10時6分にスクランブル発進命令があった2機のF-16が発進したのは10時16分だった。別の2機のF-16が93便を追跡していたという話もある[要出典]が、公式な発表にはない。さらに事故から約10分後に現場のはるか上空を戦闘機らしい航空機1機が通過するのを目撃された。ノーラッドは連邦航空局から93便墜落の報告を受けたのは10時15分で、10分近く93便の追跡を続けさせていた。, 連邦航空局がアメリカ合衆国中のすべての空港の閉鎖の措置を決定したのはワールドトレードセンターへの2度目の突入の直後からで、9時45分に全米の空港からの民間機の離陸が停止され、飛行中のすべての民間機は直ちに最寄の空港へ着陸するよう通告された。民間機の飛行禁止は3日間にわたり、常に5000機以上が飛んでいた航空機がアメリカ上空、そしてアメリカが管制を担当する空域から姿を消した。, ジョージ・W・ブッシュ大統領はフロリダ州におり、同州サラソータにあるエマ・E・ブッカー小学校の授業を視察する予定だった。1機目のツインタワー攻撃の際には小学校へ向かう専用車の車中にいたが、このときは単なる航空事故だと考えていたとされる。ただし、一時的にホワイトハウスとの間で電話会議が行われた。また補佐官ら周辺も同じように事故と考え、予定通り小学校へ入った[要出典]。, 授業視察中に2機目のツインタワー突入があり、数分後、ブッシュ大統領がアンドリュー・カード首席補佐官から2機目の突入と「合衆国が攻撃されている可能性がある」との報告を受けたが、ブッシュは「無駄な動揺を与えないために」との理由ですぐに動かずに7分間、小学生の朗読を聞き続けていた。朗読が終わるとブッシュ大統領は小学生を褒め、ただちに隣室で補佐官と話し、電話でコンドリーザ・ライス国家安全保障担当補佐官と州知事に連絡した。その後、テレビカメラで「アメリカが攻撃を受けた」と小学生の前で国民へ呼びかけ、9時30分頃に小学校から車列とともに出発、3マイルのところにある空港へ向かった。, 9時55分に、大統領専用機「VC-25」が目的地を決めないまま離陸、地上からの攻撃避けるため直後に急上昇した[87]。この時点では護衛の戦闘機は無かった。国内上空には未だに連絡の取れない旅客機が11機あったが、管制の指示で地上に降ろし、国内空域は大統領専用機と哨戒機だけになった。航空管制からは自由に飛行してもよいとの許可があり、機長が行き先を訪ねた際に大統領はワシントンを指示した[87]。アンドリュー・カードは国民に声を伝えるべきと進言したが[87]、当時専用機からは生の声明発表ができなかったため、一度ルイジアナ州バークスデール空軍基地に立ち寄り、国民に向けた声明発表を行った。ここでは有事の際に大統領が軍を指揮するために搭乗するE-4B ナイトウォッチも随行していたが、乗り換えはしなかった[87]。その後、ネブラスカ州オファット空軍基地で事態の沈静化を待ち、夕刻にメリーランド州アンドルーズ空軍基地経由でワシントンD.C.へ帰還した。専用機は通常、国内でのフライトでは戦闘機の護衛を受けないが、この日のオファット基地からアンドルーズ基地へのフライトでは、国内では初めてゼネラル・ダイナミクスF-16戦闘機の護衛を受けて飛行している。戦闘機は大統領専用機からパイロットの顔が判別できるほどの至近距離を飛行していた[87]。, ホワイトハウスではリチャード・チェイニー副大統領らが執務を行っていたが、ツインタワーへの2度目の攻撃の直後、シークレットサービスにつれられて、地下6階の地下壕へ避難した。, ドナルド・ラムズフェルド国防長官は上級軍人と朝食をとった後、ペンタゴンの執務室へ入って議員と懇談していた。ラムズフェルド国防長官にツインタワー「攻撃」の知らせが入ったのは、ペンタゴン攻撃のわずか2分前であり、アメリカン航空77便がペンタゴンに向かっていることは知らなかった。また、平時のペンタゴンにはホワイトハウスのような防空装備がない。攻撃の後、ラムズフェルド国防長官が建物の外へ出ると女性職員が血を流して倒れていたため、彼女を抱えて避難し、担架に乗せ救急車が来るまで看病していた。現場から避難したのはその後で、数十分が経過していた。, コリン・パウエル国務長官は、事件当時南アメリカのペルーを実務訪問中であったが、ツインタワーおよびペンタゴンへの攻撃の報告を聞いて、すぐに政府専用機でアメリカ合衆国に帰国した。, なおロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領は、この一報に対し「アメリカ合衆国軍が必要な動員をかけたとしても、直ちにロシア連邦軍に迎撃体制を取らせることはない」とホットラインでブッシュ大統領に告げた。ロシア連邦軍にはアメリカが大規模な動員をかけるとそれに反応するように指揮系統が準備されている。, アメリカ同時多発テロ事件の首謀者は、イスラーム過激派テロ組織「アルカーイダ」の指導者ウサーマ・ビン・ラーディンとされている[88][89][90]。当初、ビン・ラーディンは事件への関与を否定していたが[91]、2004年には一転して同時多発テロ事件への関与を公に認めた[92][93]。, 2001年9月16日、アルジャジーラ上でビン・ラーディンによるビデオ声明が放送された[91]。声明の中でビン・ラーディンは、「私は攻撃を実行していないと強調する。攻撃は別の個人によって、彼自身の動機に基づいて実行されたように見える」と述べた[91]。2001年11月、アメリカ軍はアフガニスタン東部のジャラーラーバードで1本のビデオテープを回収した。このテープにはビン・ラーディンと他のアルカイダ構成員との会話が記録されており、その中でビン・ラーディンは同時多発テロを事前に知っていたことを認めていた[94]。, 2004年のアメリカ大統領選挙の直前、ビン・ラーディンは新たなビデオ声明を発表し、アルカイダが同時多発テロ事件に関与したことを公式に認め、自らが実行犯にテロ攻撃を指示したことを認めた[95][96]。

ゲームセンターcx 高橋純平 退社 28, Ark 恐竜 色塗り Pc 11, 星のや軽井沢 山路 地 の部屋 1階 40, 土田晃之 長男 大学 11, ももクロ いじめ ネプリーグ 9, レベル100 努力値 振り直し 4, Stop Vmware Vmx Exe 4, 柳井 市役所 出張所 48, 銀魂を つまらなく した キャラ 52, Ybn Cordae 大坂なおみ 28, 永遠の0 ドラマ 動画 14, 用心棒日月抄 ドラマ キャスト 21, E1 系 E4系 違い 18, 富田 望生 実家 6, コンスタンティン ガブリエル 手首 4, キツネ 鳴き声 コンコン 52, 旧軽井沢kikyoキュリオ コレクションbyヒルトン ラウンジ 7, Amazon 売上金 保留 8, 総合格闘技 ジム 川崎 8, 紀平梨花 姉 インスタ 6, 鹿児島 少年サッカー 掲示板 6, 右ねじの法則 右手の法則 違い 7, 自衛隊 通信科 頭いい 11, さんま 東大 2020 6, Pubg サイガ ダブルバレル 12, ドレン ガンダム 有能 58, ユンヨジョン 北 朝鮮 11, 手回し発電機 仕組み 理科 4, ポケモン モブトレーナー 剣盾 26,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.