西村 ちなみ 衆議院 議員 新潟 事務所 4

新潟事務所 〒950-0916 新潟市中央区米山 2-5-8 米山プラザビル 202 【電話】025-244-1173 【ファクシミリ】025-244-1183 新潟事務所周辺の地図 >> 国会事務所 〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2 衆議院第ニ議員会館404号室 【電話】03-3508-7614 【ファクシミリ】03-3508-3994 西村智奈美にしむらちなみ. 西村 智奈美(にしむら ちなみ、1967年1月13日 - )は、日本の政治家、国際関係学者。立憲民主党所属の衆議院議員(5期)。衆議院議員の本多平直は夫[1]で、戸籍上の姓は本多。, 厚生労働副大臣(野田第1次改造内閣・野田第2次改造内閣・野田第3次改造内閣)、外務大臣政務官(鳩山由紀夫内閣・菅直人内閣)、新潟県議会議員(1期)等を務めた。, 新潟県吉田町米納津(現:燕市)生まれ[1]。吉田町立米納津小学校、吉田町立吉田中学校、新潟県立三条高等学校、新潟大学法学部卒業[1]。大学在学中、1年間休学してタイ王国バンコク市ユニオン語学学校に留学[1]。多賀秀敏ゼミで政治学を志し、国際関係論を専攻した[2][1]。1990年、新潟大学大学院法学研究科修士課程に進学し、同年9月から英国ブリストル大学法学部に留学[1]。1993年、新潟大学大学院を修了し、修士号を取得[1]。その後は新潟産業大学や敬和学園大学、新潟青陵女子短期大学で非常勤講師を務めるかたわら、NVC新潟国際ボランティアセンター事務局長を務めていた[1]。, 1998年11月、民主党に入党[1]。1999年、新潟県議会議員選挙に立候補し、初当選した[1]。, 2003年、第43回衆議院議員総選挙に新潟1区から民主党公認で出馬し、自由民主党前職の吉田六左エ門を破り初当選した[1]。, 2005年の第44回衆議院議員総選挙では、郵政解散により自民党に追い風が吹いていたが、新潟1区で自民党の吉田を破り、再選(吉田も比例復活)[3][1]。2009年、第45回衆議院議員総選挙では、恩師である多賀秀敏教授の支援も受け[2]、新潟1区で吉田を破り3選[4]。選挙後に発足した鳩山由紀夫内閣で外務大臣政務官に任命され、菅直人内閣まで務めた[1]。2011年、野田第1次改造内閣で厚生労働副大臣に任命され、2012年、野田第3次改造内閣まで務めた[1][5]。, 2012年の第46回衆議院議員総選挙では、新潟1区で自民党新人の石崎徹に敗れ、重複立候補していた比例北陸信越ブロックでの復活もできず、落選した[6]。, 2014年の第47回衆議院議員総選挙にも新潟1区から民主党公認で出馬し、自民党の石崎に再び敗れるも、重複立候補していた比例北陸信越ブロックで復活し、2年ぶりに国政に復帰した[7]。2015年1月の民主党代表選挙では、自身が外務大臣政務官を務めた鳩山・菅内閣の外務大臣だった、元代表の岡田克也の推薦人に名を連ね[8]、岡田が代表に選出された[9]。, 蓮舫代表の辞任に伴う2017年の民進党代表選挙では、菅直人や有田芳生ら党内のリベラル系が推す枝野幸男の推薦人に名を連ねたが[10]、枝野は前原誠司に敗れた[11]。同年の第48回衆議院議員総選挙に際し、前原代表が9月27日、民進党を事実上解党し、希望の党からの立候補を容認する方針を表明[12]。西村は希望の党に合流せず、新潟1区から無所属で立候補する意向を示していたが[13][14]、10月6日に立憲民主党からの出馬を表明[15]。西村の出馬を受けて日本共産党は新潟1区に擁立していた候補者を取り下げて西村を支援し[16]、新潟1区で自民党前職の石崎を破り当選した[17][18]。, 2016年4月25日の午前7時過ぎ、新潟市西区の市道交差点で、西村が運転する乗用車が横断歩道を横断中の中学3年の女子生徒をはね、生徒は顔やひじに軽いけがを負った。交差点で前の車に続いて右折しようとした際、前方をよく見ておらず、横断歩道を左側から歩いてきた女子生徒に気づかずにはねたと見られ、西村は「事故を起こし、深くおわび申し上げる」とのコメントを出した[22]。, 2017年3月18日に記者会見を開き、当時会計事務を担当していた民主党新潟県第1区総支部の元職員により、約3360万円の政治資金を着服されていたことを明らかにした。元職員は総支部の他、西村が代表を務めていた資金管理団体「西村ちなみと100人委員会」、後援会「智水会」から、政党助成金を含む政治資金を着服し、2013年に退職した際、後任者への引き継ぎで着服の事実を打ち明け、「知人が投資に使った」と説明。2019年2月8日、新潟地方検察庁は元職員を業務上横領罪で在宅起訴した[23][24]。, 2017年の第48回衆議院議員総選挙に際し、西村への投票を呼び掛ける文書を約2万人の有権者に対して公示前に送付した公職選挙法違反(事前運動、法定外文書頒布)の疑いで、西村の後援会関係者2名が書類送検され、うち1人が略式起訴され罰金30万円の略式命令を受けた[25][26]。, 赤松広隆・泉健太・郡和子・近藤昭一・中川正春・前原誠司・横路孝弘・川端達夫・西村智奈美・大島九州男・小川敏夫・神本美恵子・那谷屋正義・藤田幸久・増子輝彦, http://www.asahi.com/senkyo2009/localnews/TKY200908240269.html, http://www.yomiuri.co.jp/election2005/kaihyou/ya15.htm, http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin2009/kaihyou/ya15.htm#k001, http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_ichiran.html?aid=A15001, http://senkyo.mainichi.jp/47shu/ichiran.html?aid=A15001&st=tk#001, http://www.sankei.com/smp/politics/news/150118/plt1501180029-s1.html, http://www.sankei.com/smp/politics/news/170821/plt1708210019-n1.html, http://www.sankei.com/smp/politics/news/170902/plt1709020003-s1.html, https://mainichi.jp/senkyo/articles/20170928/k00/00m/010/120000c, “【衆院選】新潟の民進前職3人、無所属で出馬へ 野党統一候補目指す、共産などの支援期待”, http://www.sankei.com/smp/politics/news/171003/plt1710030136-s1.html, https://mainichi.jp/articles/20171004/ddl/k15/010/294000c, https://mainichi.jp/articles/20171007/ddl/k15/010/012000c, http://www.sankei.com/smp/politics/news/171006/plt1710060033-s1.html, http://www.sankei.com/smp/politics/news/171023/plt1710230100-s1.html, http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news/20171022-OYT1T50216.html, https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=A15001001001, http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/tokai-news/CK2018041202000112.html, “立憲民主党 セクハラ議員への辞職勧告を求められ…「和解が成立しているので対応難しい」”, http://www.sankei.com/smp/politics/news/180411/plt1804110040-s1.html, “民進党の西村智奈美議員が女子中学生はねる 新潟市内の交差点 「深くおわび申し上げる」”, http://www.sankei.com/smp/affairs/news/160425/afr1604250015-s1.html, “民進・西村智奈美衆院議員の元会計担当職員が3360万円を着服 一部は政党交付金 刑事告訴を検討”, http://www.sankei.com/smp/affairs/news/170318/afr1703180037-s1.html, “立民・西村衆院議員名義の口座から現金38万1000円を横領 元職員を在宅起訴 新潟地検”, https://www.sankei.com/smp/affairs/news/190218/afr1902180014-s1.html, https://mainichi.jp/articles/20171210/ddl/k15/040/111000c, https://mainichi.jp/articles/20180123/ddl/k15/040/159000c, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=西村智奈美&oldid=80423055. 2003年11月. 新潟青陵女子短期大学非常勤講師(国際関係論、国際政治論)(~1999年10月), 第14回統一自治体選挙、新潟県議会議員選挙新潟市選挙区から立候補、19,310票の負託をうけ初当選, 新潟県自治体議員フォーラム発足と同時に、幹事長に就任(~2003年11月、現在は顧問), 外務大臣政務官に就任(~2010年9月) 2005年9月. 西村智奈美にしむらちなみ. 電話:025-244-1173 fax:025-244-1183. NVC新潟国際ボランティアセンター事務局長(~1998年9月), 新潟産業大学人文学部非常勤講師(国際政治学)(~1999年3月) 新潟1 ... 事務所 〒950-0916 新潟県新潟県新潟市中央区米山2-5-8 米山プラザビル202. 電話:025-244-1173 fax:025-244-1183. 新潟大学環日本海研究会事務局員(~1997年4月), 環日本海学会創設準備委員会事務局員、同年11月に設立後は学会事務局員(~1996年12月), 敬和学園大学国際文化学科非常勤講師(平和学)(~2003年10月)。 第43回総選挙、新潟1区から119,297票の負託を得て衆議院議員初当選.    政務官としての活動はコチラ(外務省ホームページ)よりご覧下さい, 第2次野田改造内閣 厚生労働副大臣に就任(2012年4月6日) 第44回総選挙、新潟1区から136,391票の負託を得て衆議院議員再選. All rights reserved. ゼミ旅行で東南アジアへ。初めて海外を見聞しショックを受ける(そのわりには楽しそう), 専修学校非常勤講師(国際関係概論、環日本海交流概論)(~1996年3月) 衆議院議員 西村ちなみ(新潟1区)のフェイスブック公式ページです。西村ちなみの政策や最新ニュースなどをお知らせしております。 第3次野田改造内閣 厚生労働副大臣に留任(2012年10月2日)    副大臣としての活動はコチラ(厚労省ホームページ)よりご覧下さい, 第47回総選挙、新潟1区から84,573票を得て比例北陸信越ブロックで当選(4期目). 西村 智奈美(にしむら ちなみ、1967年 1月13日 - )は、日本の政治家、国際関係学者。 立憲民主党所属の衆議院議員(5期)。 衆議院議員の本多平直は夫 で、戸籍上の姓は本多。. このサイト上の文章・画像の無断転用はお断りします。 © 2006 NISHIMURA Chinami. 新潟1 ... 事務所 〒950-0916 新潟県新潟県新潟市中央区米山2-5-8 米山プラザビル202. 衆議院議員 5期. 民主党新潟県第1区総支部長代行に就任. 西村ちなみ, Niigata. 1.1K likes. 衆議院議員 5期. 2006年4月.

Itunes アップデートできない Windows10, 連獄篇 ダウンロード できない, 赤外線 リモコンアプリ 照明, Timemachine ゴミ箱 削除できない, 着物 柄 英語, 雷神 ファスカ 修羅, Facebook 交際ステータス 公開範囲, バイク バッテリー上がり 原因, ソン イェジン まとめ, 犬 ジャンプ力 低下, Xperia Sov39 充電器, Itunes 終了 Cd取り込み, More 原級 英語, ミラジーノ E 燃費, ワード 表 分割, 銀魂 アニメ 新作, 仕事中 英語 勉強 サイト, Windows10 右クリック 追加, 机 仕切り板 100 均, ひよっこ オープニング 画像, ツイッター 伸びる時間 イラスト, Windows Media Player アルバムアート 違う, Vba コンボボックス Rowsource 動的, ファイル 名 を 変数 で 指定, マウンテンパーカー 流行り 色, 池袋 東口 ランチ 安い, モバイルsuica Iphone チャージ, フォトショップ テンプレート 作り方, 第五人格 通話 重い, 22インチ 自転車 女の子,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.