星の光 何億光 年 32

「恒星」は、水素というガスでできていて、その中心部分で核融合を起こし熱と光を出しているのです。. 1光年は、光が自由空間かつ重力場及び磁場の影響を受けない空間を1ユリウス年(365.25日 = 31 557 600秒) の間に通過する長さである 。 真空中の光速度は正確に 299 792 458 m/s であるので、1光年は正確に 9 460 730 472 580 800 m である 。 概数としては、約9.46 × 10 15 メートル(約9.46ペタ … 何億年も前の光が今地球に届くのではなく、地球に光が届くまでに何億年もかかるほどその星が地球から遠いということです。 すべての星がそうなわけじゃありません。 ちなみにいま降り注いでいる太陽の光は8分前の光です。 「惑星」とは、地球のように「恒星(太陽)」のまわりを回っている星のことです。 そんなことは面倒なので斜めの線「/」を使って、分数を表すことにしました。, これは「分数」であるとともに、「前÷後」という意味でもあります。 スポンサーリンク (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 今は山奥とかに行かないと綺麗な星を見る事は出来ません。街灯や街の光が明るい為、街中では綺麗に見えないのです。, でも、大昔の人はどこに居たって満点の星空を見れたんです。とっても羨ましいですよね~, 光というのは、一秒に2億9979万2458メートル進みます。これが一年かかって進むスピードが一光年です。, あまりにそのまま過ぎてすいません。色々調べてみたんですが、こうとしか言い様がありません。, 地球なんかがそうですね。地球は燃えたりしていないので自身で光を発していません。なので惑星です。, 夜空に見えている星で唯一恒星じゃないのが「月」です。あの星は惑星で、太陽の光を反射して光っています。, 流れ星って超高速で動いています。星はあんなにも動きません。では何故、流れ星は発生するのでしょうか?, とっても小さい隕石が大気圏に突入した時、その摩擦によって燃え尽きたら流れ星となって見えるのです。, なのでカメラ等で星を撮ろうとしても、どうしても少しブレてしまいます。それは、地球の自転によるものなのです。, いつまでもそこに留まる事なく遥か昔の光を届けてくれる。星は本当にロマンチックですね。, 1995年製。大阪生まれ、大阪育ちの大阪人。 家に居るのが大好きなインドア派。 (実験編。ボトルに水がたまっていく! 「÷」は見たとおり分数の形を表しています。, むかし機械式のタイプライターだった時代に分数をタイプするのは特別な技術が必要でした。 速度、距離、時間の関係をおぼえるのが最初は大変です。 光が1秒間に進む距離は、地球を7周半回る距離と同程度です。 地球1周が4万kmなので、地球を7周半回ったとすると、光が1秒間に進む距離は約30万km。 これを1年に換算すると、1光年は約9兆5000億kmとなります。 1秒間に進む光の距離=地球を7周半進む距離 光年(こうねん、英: light-year、独: Lichtjahr、記号 ly[1][2])は、主として天文学で用いられる距離(長さ)の単位であり、正確に 9 460 730 472 580 800 m、約9.5兆キロメートルである。1981年まではSI併用単位であった。なお「年」とつくが、時間を表す単位ではない。, 1光年は、光が自由空間かつ重力場及び磁場の影響を受けない空間を1ユリウス年(365.25日 = 31 557 600秒)[3]の間に通過する長さである[4]。真空中の光速度は正確に 299 792 458 m/s であるので、1光年は正確に 9 460 730 472 580 800 m である[5]。概数としては、約9.46×1015メートル(約9.46ペタメートル)である。, 距離の単位として、「光年」を初めて使用したのは、ドイツ人のオットー・エドゥアルト・ヴィンツェンツ・ウレである。ウレは1851年の著作、Deutsches Museum: Zeitschrift für Literatur, Kunst u. Öffentliches ..., Volume 1[6]の中で、初めて「光年」(ドイツ語ではlichtjahre)を距離の単位として用いた。なお、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルは1838年にはくちょう座61番星までの距離を、「光が1年間に通過する距離」の10.3倍(最新の観測では11.4光年)であることを見いだしたが、「光年」という単位を用いたわけではない。, 国際天文学連合 (IAU) は1964年に定めた太陽年(ユリウス年とは異なる)と光速の実測値(定義値ではない)を天文定数(英語版)体系に含めており、それを1968年から1983年まで使用していた[7]。サイモン・ニューカムは、J1900.0の平均太陽年 31 556 925.9747 暦表秒と光速度 299 792.5 km/s から1光年を 9.460 530×1015 m と計算した(光速度の有効数字7桁で丸めている)。この値がいくつかの最近の文献にも記載されているが[8][9][10]、おそらく1973年の有名な本[11]を参照したものと思われ、この文献は2000年まで改版されていなかった[12]。, 他の高精度の値は一貫したIAU体系のみからでは導出できない。9.460 536 207×1015 m という不正確な値がいくつかの現代の文献に見られるが[13][14]、平均グレゴリオ年365.2425日(31 556 952秒)と光速度の定義 (299 792 458 m/s) を使って計算したものであろう。9.460 528 405×1015 m という不正確な値もあるが[15][16]、これはJ1900.0の平均太陽年と光速度の定義を使って求めたものであろう。, 光年は、銀河や恒星などの天体までの距離を表するのによく用いられる。キロメートル単位で表すと文字通り「天文学的数字」になるからである。, 現在天文学では、恒星までの距離を示すときにはパーセクが用いられる。パーセクは、1天文単位動いたときの視差が1秒となる距離のことで、1パーセクは約3.26光年となる[4]。パーセクは観測データから簡単に求めることができ、相互参照できることからよく用いられている。しかし、科学者以外の一般大衆の間では、直感的に理解しやすい「光年」の方が広く使われている。, 1光年は約63 241天文単位である。光年で示されることの多い距離のものについては記事「1 E15 m」を参照のこと。, 光年に関連して、光が1日間・1時間・1分間・1秒間に進む距離として光日・光時・光分・光秒という単位も定義できる。1光日は 25 902 068 371 200m、1光時は 1 079 252 848 800 m、1光分は 17 987 547 480 m、1光秒は 299 792 458 m となる。大まかな距離を表すのに1光年の12分の1の光月という単位も時折使われている[18][19]。ただし、光月は月の時間間隔を定めていないので厳密な定義が存在しない[注釈 1]。, 光年は、かならず時間の経過を考慮する必要がある[注釈 2]ことには注意すべきである。例えば地球からの距離が1光年の星を見る場合、見ている光はその星から1年前に発せられたものであるため、1年前に1光年の距離にあったその星をいま地球で見ていることになる。仮に、たった今その星が何らかの原因で消滅したとしても、地球からはその星の1年前の光しか見ることができないため、見かけ上は今後1年間は星がまだ存在しているように“見え”、1年後にやっと星が消滅したように“見える”。, 大きな赤方偏移が観測されるような非常に遠方の天体の場合、例えば2014年現在最も遠い天体であるMACS0647-JDは赤方偏移 z = 10.7 の値を持ち、距離は 133 億 9200 万光年、ハッブルの法則により地球からは光速の 98.5% にあたる 295,444 km/s で後退しているように“見える”と計算される[注釈 3]。しかし、これはこの天体から133 億 9200 万年前に発せられた光を元に計算されたみかけ上の値(このような距離を光行距離(英語版)、英: Light-travel distance という)であり、実際はいま時点では 319 億 3900 万光年の距離(このような距離を共動距離(英語版)、英: Comoving Distance という)[注釈 4]にあり、後退速度は実光速の2倍以上にもなる 695,115 km/s である。このようなスケールでの後退速度は実際は計量自体の拡大速度であり、天体自体はこの計量上を光速度以下で運動していて光速不変の原理とは矛盾しない。, 1000光年(約306.6パーセク)は "kly"(Kilo Light Year)と略記され、銀河の構造の寸法などを表記するのに用いる場合がある。, 100万光年(約30万6600パーセク)は "Mly"(Mega Light Year)と略記され、銀河や銀河団までの距離を表記するのに用いる場合がある。, “観測可能な宇宙”の大きさは、この共動距離の理解からおよそ 457 億光年(14 ギガパーセク)[26]とされているが、これは 宇宙マイクロ波背景放射(英: cosmic microwave background radiation、CMB)の赤方偏移の観測値 z = 1090 から計算される共動距離の値で、誕生してからおよそ 38 万年後[27]の宇宙が膨張により移動して現在「在る」場所から、それを観測している現在の我々までの距離をいう(つまり、457 億年前の光をいま観察しているのでもないし、457 億光年離れた距離を計測できているわけでもない。観測できる宇宙の過去は宇宙が誕生した138億年前が限界である。{138 億年 - 38 万年}前の光を発した空間が「現在」は 457 億光年先にまで進んでいるという説明にすぎず、「457億年前」から「現在」までに「457億光年先のその空間」で何が起きたかを我々は知る術もない)。宇宙はもっと先にまで広がっているかもしれないが[注釈 5]、「(理論の検証のための)観測ができない以上は考えても意味が無い(=理論が証明できない)」とするのが現在の宇宙論の立場である。“観測可能な宇宙”は宇宙論の立場では我々を中心に置いたこの半径 457 億光年の球体内となり、この球面が宇宙論の立場での「宇宙の果て」「宇宙の大きさ」ということになる。CMB の観察結果よりも過去の宇宙の情報を知る手段で観測できるのであれば、“観測可能な宇宙”はさらに大きくなる[注釈 6]。, 逆説的だが、我々が現在観測している CMB の光は、赤方偏移から逆算すると共動距離で 3600 万光年しか進んでいないことになる(これも、3600 万年前の黒体放射を観測しているのではないし、3600 万光年の距離を実測できているわけでもない)。過去のそれより小さい距離(共動距離)で起きた事象を我々は観測できていない[注釈 7]。, このように矛盾に思えるような光年スケールでの解釈は、宇宙の計量が拡大しているという事実と、有限である光速を使った光年を距離の単位に使うという事実の両方からくる非日常さゆえに理解が難しいとされることがある[注釈 8][注釈 9]。, 山口百恵のシングル「さよならの向う側」では、歌詞の冒頭で星の寿命について、光年が用いられている。, 日本の漫画やゲーム作品では、時間の単位と勘違いした誤用を笑いの種として用いる例がある[注釈 10]。, ユリウス暦では1か月は平均30.4375日であり、ユリウス年(365.25日)を12で割った値に等しい。ただグレゴリオ暦では30.436875日となるので、どちらの暦由来の値を使うかを指定しないかぎり「光月」は定義できない, これは光年に限ったことではなく、距離を測る尺度に有限である光速を使うには、時間との積をとったスケールが必要となることによる要請である。, この「後退しているように見える」を多くの書籍やメディアで「後退している」「遠ざかっている」と断定的に書かれていることがあり、すると「“そのような運動”をしている」と誤解される懸念がある。実際はこの速度で「運動」しているわけではなく「運動しているように見える」のである。, 例えば、走っている車の位置を測るのに、先に車の後尾の位置を測り、時間を置いてから車の先頭の位置を測って車の長さを割り出すのと同じである。車の速度や時刻を考慮せずに位置だけで測ると、車は進んでしまっているので車の長さは実際より長いと結論してしまう。, これはその事象が我々をすでに通りすぎてしまったから観測できないのではない。宇宙原理により、過去の事象はその後の, 漫画では新声社刊『ゲーメストワールドVol5』66頁から70頁に掲載された漫画のキャラクターにこれを用いて頭の悪さを表現している。ゲームボーイソフト『, Measuring the Universe,The IAU and astronomical units, http://www.iau.org/public_press/themes/measuring/, Measuring the Universe: The IAU and astronomical units, Explanatory Supplement to the Astronomical Almanac, “Large Angle Bending of the Light-Month Jet in Centaurus A”, https://web.archive.org/web/20090902035920/http://sciencelinks.jp/j-east/article/200123/000020012301A0179284.php, http://articles.adsabs.harvard.edu/full/1994cers.conf...97J, Voyager Mission Operations Status Report Week Ending March 9, 2007, Cosmic Distance Scales - The Nearest Star, A Geometric Determination of the Distance to the Galactic Center, http://www.astro.princeton.edu/universe/ms.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=光年&oldid=76970764. 太陽系から約4.3光年しか離れておらず、最も近い恒星系である。ケンタウルス座α星系は三重連星である。ケンタウルス座α星A、ケンタウルス座α星B、そして暗く小さな赤色矮星、プロキシマ・ケンタウリから成る。α星Aとα星Bは肉眼では一つの恒星に見える。α星Aとα星Bをあわせた見かけの明るさは-0.1[1]であり、全天では、シリウスとカノープスに次いで3番目に明るい。α星A・α星Bとプロキシマ・ケンタウリは2.2度離れて見える。プロキシマ・ケンタウリはα星A・α星Bと重力的に結合していると考えられている[13]。, α星Aは質量が太陽の1.1倍、明るさは太陽の1.519倍である。スペクトル型は太陽と同じG2V型[14]。第1伴星のα星Bはそれよりも小さく、質量は太陽の0.907倍、明るさは太陽の半分しかない[6]。この2つの恒星は互いの共通重心(英語版)を79.91年で公転している[15]。2つの恒星間の距離は太陽-土星間(約10au)から太陽-冥王星間(約40au)まで変動する。, 第2伴星プロキシマ・ケンタウリは地球から肉眼では観測出来ないにも関わらず、太陽系に最も近い恒星として知られている。その距離は4.246光年[注 2]で、α星A・α星Bよりわずかに近い。α星A・α星Bからの距離は0.2光年で、天文単位で表すと15,000auとなる[16]。これは太陽から海王星(30au)までの距離の約500倍にもなる。2016年8月にプロキシマ・ケンタウリのハビタブルゾーン内を公転する惑星、プロキシマ・ケンタウリbが発見された[17]。そのため、現在では小型のスターチップ(英語版)を送り込み、プロキシマ・ケンタウリをフライバイして探査を行う、スターショット計画の構想が練られている[17]。, 先述の通り、ケンタウルス座α星は、肉眼では単一の恒星に見える。α星Aとα星Bの見かけの明るさは-0.1等級[1]である。ケンタウルス座α星系は通常、異なる恒星として識別され、主星をα星A、伴星をα星Bと定義している。第2伴星のプロキシマ・ケンタウリはα星Cとも呼ばれるが、α星A-α星B間の距離よりもはるかに遠くにある。しかし、重力的に結び付いているとされている。プロキシマはα星Aとα星Bからは2.2度ほど離れている[18]。これは満月の視直径の約4倍であり、α星とβ星の間隔の約半分の角度である。プロキシマは連星の典型例のように、楕円軌道で公転しているとされているが、まだ直接的な証拠は発見されていない[19]。, 肉眼で観測出来るケンタウルス座α星が2つの恒星から成る事を前提にして、ケンタウルス座α星ABと呼ぶ事もある。この「AB」は、それぞれの恒星を1つの主星として扱い、伴星の見かけ上の重心を示している[20]。「AB-C」とするとプロキシマ・ケンタウリがα星Aとα星Bの連星系の周り、全体を公転している事を表す。古い文献では「A×B」と記されているものもあるが、現在では使用されていない。太陽からα星ABの共通重心までの距離は、それぞれの恒星までの距離とほとんど変わらない。そのため、上記の見かけ上の重心とは別に、1つの恒星だとして考える事もある[21]。, 星震学の恒星彩層、および恒星の自転運動の研究から、ケンタウルス座α星系のそれぞれの恒星の年齢に大きな差は無い。しかし、その年齢は観測結果によって、45億年から70億年の間[22]と、かなり誤差がある。星震学の分析に基づくと、推定年齢は48.5億±5億年になる[10]。しかし、その他にも50億±5億年[23]、52億年から71億年[24]、64億年[25]、65.2億±3億年[26]という結果も得られている。また、恒星の彩層活動による分析では、44億から65億年、自転速度の観測からは50億±3億年という値が得られている[22]。, ケンタウルス座α星は星間雲Gクラウドの近くにあるとされ、最も近い恒星系は褐色矮星[注 3]の連星系WISE J104915.57-531906.1で、約3.6光年離れている[27]。, ケンタウルス座α星Aはケンタウルス座α星系の主星で、太陽よりわずかに大きい。スペクトル分類は太陽と同じG2V型で、可視光では黄色に見える[28]。質量は太陽より10%大きく、半径は23%大きい。推定自転周期は約22日で、自転速度は秒速2.7±0.7kmになる[8]。この自転周期は太陽の約25日よりもわずかに短い。α星Aのみの視等級は0.01等[2]。, ケンタウルス座α星Bはケンタウルス座α星系の第1伴星で、太陽より小さく暗い。スペクトル分類はK1V型で、橙色に光る[28]。質量は太陽の10%小さく、半径は14%小さい。推定自転速度は約41日で、自転速度は秒速1.1±0.8kmになる[8]。1995年までは自転周期は36.8日とされていた[29]。α星Bはα星Aよりも強いX線を放射しており[30]、α星Bの光度曲線は短時間に著しく変化し、太陽フレアが観測される事もある[30]。α星Bのみの視等級は1.33等級[11]。, ケンタウルス座α星Cはケンタウルス座α星系の第2伴星で、通常は「プロキシマ・ケンタウリ」と呼ばれる。プロキシマの意味は、ラテン語で「最も近い」という意味であり、太陽系に最も近い恒星であることから来ている。スペクトル分類がM5.5Ve[31]の小さな赤色矮星である。BV色指数は1.82[31]で、質量は太陽の12.3%[32]、木星の129倍しかない。, α星Aとα星Bは公転によって2秒角から22秒角、離れて見える[33]が、どちらにせよ、非常に接近しているので肉眼で分離するのは困難であるが、双眼鏡か5cm程度の望遠鏡があれば容易に可能である[34]。, 南半球では、ケンタウルス座α星とケンタウルス座β星の2つの恒星をThe Pointers、あるいは南の指極星 (Southern Pointers) と呼び[34][3]、その線の延長線上にみなみじゅうじ座がある[35]。β星から西に4.5度離れた位置にα星がある。しかしこの線の延長線上には、みなみじゅうじ座とは区別されている星群、ニセ十字も存在している[36]。, 南緯29度以南になると、ケンタウルス座α星は周極星になり、地平線の下に沈む事はない[37]。ケンタウルス座α星が観測出来るのは、北緯29度以南でメキシコのエルモシージョやチワワ、テキサス州のガルベストン、フロリダ州のオカラ、ランサローテ島、スペインのカナリア諸島などが該当する。日本では奄美大島付近にあたる。正中は毎年4月24日と6月8日の午後9時である[35][38]。, 地球からはプロキシマ・ケンタウリはケンタウルス座α星ABから南西に2.2度離れて見える[18]。先述の通り、満月4個分の距離で、β星との距離の約半分にあたる。プロキシマ・ケンタウリは視等級が11.13[31]で、観測するには適度な口径の望遠鏡が必要になる。望遠鏡で観測すると小さく赤く輝く恒星として見える。変光星総合カタログ(GCVS)Ver.4.2にケンタウルス座V645星という名称として登録されている。プロキシマは閃光星(くじら座UV型変光星)であり、わずか数分で視等級が0.6上がる事もある[39]。何人かの天文学者や天文愛好家は定期的に、プロキシマの増光の様子を監視している[40]。, イギリスの探検家Robert Huesは、1592年製作の「Tractatus de Globis」で以下のように記している。, ケンタウルス座α星がABから成る連星であることは、1689年12月にフランス人イエズス会士ジャン・リショー (Jean Richaud) によって発見された[42]。彼はインドのポンディシェリから彗星を観測している際に、ケンタウルス座α星が二重星であることに気付いた。彼は、「みなみじゅうじ座α星に次いで、2番目に発見された二重星である」と遺している[42]。, 1752年にはフランスの天文学者ニコラ・ルイ・ド・ラカーユは、当時最先端の機器を使って詳細にケンタウルス座α星の位置観測を行った[43]。その後、マニュエル・ジョンソンがケンタウルス座α星の固有運動がそれまで知られていた数値よりも高い事を発見した。セントヘレナ島を訪れたトーマス・ヘンダーソンにそのことを教え、これがヘンダーソンの年周視差観測の成功に役立った。トーマスは、ケンタウルス座α星を1832年の4月と1833年に観測し、その視差を求めたが、あまりにもその値が大きすぎたため、疑念を持った彼は公表する事をしばらく控える事にしたが、最終的には1839年には公表した。しかし、奇しくも前年の1838年にフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ベッセルがはくちょう座61番星の年周視差を求める事に成功し、それを基にはくちょう座61番星までの距離を公表している[44]。このため、ケンタウルス座α星は、はくちょう座61番星に次いで2番目に、地球からの距離が判明した恒星となった[44]。, 1834年にはジョン・ハーシェルが初めて、マイクロメータを使って観測し[45]、20世紀初頭には、写真乾板を使って分析を行うのが主流となっていった[46]。, 1926年には南アフリカの天文学者William Stephen Finsenがケンタウルス座α星ABの大まかな軌道要素を計算し、現在知られている値に近い値を算出した[48]。, スコットランドの天文学者ロバート・イネスは1915年に写真乾板を使って、プロキシマ・ケンタウリを発見した。観測結果、固有運動がケンタウルス座α星とほぼ一致した為、ケンタウルス座α星系の構成員である事が判明した。しかし、距離はケンタウルス座α星ABよりも地球に近い事が示唆された。その距離は4.24光年と計算され、地球に最も近い恒星である事が判明した。現在の地球からの最新の距離のデータは全て、ヒッパルコス星表(HIP)[49][50][51][52] に記載されている、またはハッブル宇宙望遠鏡の観測によって得られた年周視差を基に計算されている[53]。, ケンタウルス座α星AとBは、79.91年の周期で公転しており[15]、軌道長半径は11.2au(16.7億km)で、太陽系に当てはめると、太陽から土星までの距離に匹敵する。しかし、軌道離心率0.5179[15]という極端な楕円軌道のため、遠点では、太陽から冥王星間(35.6au、53億km)まで離れる可能性がある[15][54]。2つの恒星を合わせた質量は太陽質量のほぼ2倍になる[55]。AとBの絶対等級はそれぞれ、4.38等と5.71等になる。恒星の進化論やスペクトルの観測などに基づくと、連星系の年齢は先述の通り、ばらつきはあるが、50億年から60億年とされている[18][56]。, 地球から見ると、AとBの位置角(PA)は常に変化している。2010年の観測では角直径は、6.74秒角で、PAは245.7度だった。翌年の2011年には、6.04秒角まで接近し、PAは251.8度だった[15]。2016年2月時点で、角直径は4.0秒角で、位置角は300度である[15][57]。近点時の角直径は1.7秒角で、遠点時は約22秒角まで離れて見える[58]。最後に近点に到達したのは、1976年2月中旬で、次は2056年1月になる[15]。, AとBの真の軌道における近点到達は1955年8月に起こり、次回は2035年8月、遠点到達は1995年5月に起こり、

二 つの 祖国 多 部 未華子 キスシーン 46, このすば 17巻 ネタバレ 37, ハワイ 神様 種類 17, メリヤス編み 端が 緩む 23, 昭和生まれ 頭 おかしい 42, 関ジャニ 錦戸 現在 4, タイムカード 休憩時間 打刻 5, 伊豆の踊子 映画 歴代 4, 低身長 声優 男 5, 越谷北高校 進学実績 2020 8, 大野智 名言 ハワイ 22, メギド72 キャラ ランキング 9, らくらくホン ストラップ F01m 19, Pacman 30th Anniversary Game 2 Player 5, 真夜中 のダンディー Mp3 8, 阪神 二軍 ライブ 4, 妊婦 電車 乗るな 43, 多部未華子 三浦春馬 ドラマ 34, あつ森 博物館 周り 5, エポキシ フェノール 反応機構 4, 田中圭一 手塚るみ子 仲良し 19, 勇者ああああ リンダキューブ 動画 5, スベクヒャン 70話 動画 5, お台場 五輪マーク どこ 4, シンガポール ポケモンgo サニーゴ 13, 乃木坂工事中 テロップ 素材 16, 毎日放送 人事 2020 5, 岩国 賃貸 ペット可 14, Tres Bien フランス語 11, 瀬戸康史 ツイッター キバ 7, 太鼓の達人 子供向け 曲 16, 長野県 猟銃 初心者講習 6, フィギュアスケート ライブ 動画 4,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.