小ベンツ 新車 価格 10

新車価格からすればお得に買えるベンツの中古車ですが、国産車と比較すればまだまだ高く、誰にでも買える人気の中古車ではありません。 そのためか、ベンツのリセールバリューは 全モデル平均で40%前後 とかなり低くなっています。 今後デビューが予想されるメルセデス・ベンツの新型車、モデルチェンジ最新情報、スクープ情報をまとめてお届けします。, Gクラスのフラッグシップ「「G500/G550 4×4(スクエアード)」は先代で2016年にデビューしていました、復活すれば4000万超の価格になるとも。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, Sクラスに初となるステーションワゴンが設定される噂がでています。デザイン予想CGを入手!詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 「Cクラス」のアーキテクチャのSUVが「GLC」。次期新型はピュアEVを搭載へ。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, Eクラス ステーションワゴンに設定されるSUVライクなクロスオーバー「オールテレーン」をCクラスにも設定が確実に。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツの上級クーペ「SL」は、同社のラインナップでは最古参。 次期新型は800馬力の「SL73」を筆頭にオール「メルセデスAMG」のラインナップへ?詳しくはこちらの記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツのミドルクラスセダン「Cクラス」次期新型はV6がラインナップから落ちる模様。替りにメルセデスAMG初「53」がデビューする見込み。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツの次世代EV「EQシリーズ」のフラッグシップ「EQS」。市販モデルデビューへ大きく前進。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 3億円を超える、メルセデス・ベンツ初のEVハイパーカーのプロトタイプの走行動画が公開。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツのミドルクラス「Cクラス」のセダンのフルモデルチェンジのスクープに続き、ステーションワゴンもスクープへ。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 9月2日にフルモデルチェンジしたSクラス セダン。メルセデスAMG Sクラスも後を追ってデビューへ。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, デビューしたばかりのメルセデス・ベンツの次世代EV。早くも次期新型のプロトタイプがスクープされました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツの次世代EV「EQ」シリーズのEクラスバージョンという位置付け。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 4ドアクーペの「CLE」とシューティングブレークの両方が新たにラインナップ追加される可能性。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, どこもスクープを出しておらず、極秘開発が進められていたミニバン「Tクラス」。現行モデル「Vクラス」の下の位置付け。日本市場導入の可能性は高そう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。, 高級輸入セダンの代表格、Cクラスがそろそろフルモデルチェンジのようです。最新スクープ情報はこちらからご覧ください。, 2020年6月から国内デビューを果たした新型コンパクトSUV「GLB」。AMGモデルのデビューもそう遠くないようです。最新スクープはこちらからご覧ください。, ルノー・日産・三菱とメルセデス・ベンツが共同で開発する新型トールワゴン・ミニバン(MPV)はルノー・カングーと双子車。ナンバーに「スパイ」とあり、スパイショットを狙うカメラマンを煽っています。, メルセデスAMGに新たなフラッグシップモデルがデビューとのスクープ情報が入りました。詳しくはこちらをご覧ください。, 要人、VIP御用達の最高級セダンのスクープ情報を入手!詳しくは下記の記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツの最上級セダンSクラスの中でもっとも高級となるサブブランド「マイバッハ」の次期新型プロトタイプのスパイショットを入手しました!, ステーションワゴンに続いて改良新型 E63セダンもスクープされました!顔つきは現行メルセデスAMGの共通デザインでよりアグレッシブになりました。詳しくは下記の記事をご覧ください。, 世界最速ステーションワゴン「メルセデスAMG E53 ステーションワゴン」にマイナーチェンジのスクープ情報が入りました!顔つきが大きな変更されるようです。詳しくは下記の記事をご覧ください。, メルセデス・ベンツでもっとも高価な市販車モデル、SLRマクラーレンの復活新型の予想CGを入手しました。詳しくは下記の記事をご覧ください。, 2014年にフルモデルチェンジ受けたCクラスもそろそろモデル末期。新型へフルモデルチェンジが近づきました。新型プロトタイプをスクープ!詳しくは下記の記事をご覧ください。, Eクラス セダンのEV派生となる「EQE」の開発車両のスクープを入手しました。プラットフォームは「EQS」と同様に電動車専用の「MEA」を採用し、Eクラスより短い全長で広い居住空間を実現するという噂です。最新鋭のドライビングアシストやセーフティサポートが詰め込まれた「ESF 2019」の搭載可能性が高いというのも注目ポイント。, パワーユニットは各車軸に1基ずつ、2つのモーターを配置し、電気式4WDの駆動方式で最高出力は350PS以上を発揮、航続距離は500kmと予想されます。価格は1,500万~2,000万円のレンジとなる見込みで、ワールドプレミアは2021年秋が有力です。, AMGの限定レーシングモデル「GT R プロ」をベースに、さらなる高性能化が施された「GT Rブラックシリーズ」が開発中との情報が入りました。パワートレインはAMG伝統の4.0L V8ツインターボを搭載し、最高出力は700PS超となる予想。, 「ブラックシリーズ」を冠したモデルが以前登場したのは2013年の「SLS AMG ブラックシリーズ」。同モデルは日本では限定25台として発売されており、今回も同規模の限定車として発売される可能性が高いでしょう。GT R プロが2,900万円のため、この性能を超えるのであれば、新車車両価格は3,000万円以上となる可能性が濃厚です。, 新型Cクラスに続き、AMG仕様のエントリーモデルとなる「43」と見られるテスト車両がスクープされました。同車両は定例的に電動機構をもつ「53」系の可能性もありますが、次期AMG仕様はCクラス同様に全車電動化ラインナップとなる方針となるでしょう。, パワートレインはマイルドハイブリッド「EQ Boost」と3.0L 直6ターボを組み合わせ、最高で435PS/520Nmのスペックを発揮する予想です。価格は1,000万円前後の予想で、ワールドプレミアは2021年春となりそうです。, GLシリーズのエントリークラス・GLAをベースとしたEVモデルのEQAが開発中との情報が入りました。プラットフォームは電動化車両専用の「EVA 2」アーキテクチャを採用し、パワーユニットは150kW(204PS)、200kW(272PS)、250kW(340PS)の3つがラインアップされる可能性があります。また、1回の充電による最大航続距離は500kmとの予想。価格は500万〜600万円と比較的手頃な設定になる見通しです。ワールドプレミアは2021年内が濃厚。, 日本で唯一未導入のGLシリーズ・GLBをベースとしたEVモデルのEQBが開発中ということがスクープにより判明しました。プラットフォームはEQAと同様の「EVA 2」アーキテクチャを採用し、パワーユニットもEQAのように3種に展開される予想。ただし、EQBには電動4WDの採用可能性が高いとのこと。, 価格は上位モデルEQCの1,080万円を基準とすると、700万〜800万円あたりの設定になると思われます。ワールドプレミアは2021年以降とみて間違いないでしょう。, メルセデスAMGが手掛ける4ドアクーペ「GT」の63 Sを超える最高性能モデルの存在がスクープされました。車名は未公開ですが、「GT 73」が最有力とされています。プロトタイプの外観は63 Sと酷似していますが、パワートレインは4.0LのV8ツインターボに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルという点では革新的です。, 最高出力は800PS超とされ、0-100km/h加速は3秒以内を達成するとの噂も。価格は性能を考えると3,000万円を超える可能性が非常に高く、ワールドプレミアは年内10月以降となる見込みです。, ミドルサイズSUV GLEクーペのハイエンドとなるAMG仕様「63」の新型プロトタイプがほぼカモフラージュなしで姿を見せました。情報が公開されたのは63と高性能版の63 S。前者は最高571PS/750Nm発生の4.0L V8ツインターボを搭載し、後者は同型エンジンにチューニングを施すことで最高612PS/850Nmまで引き上げています。, 現行は日本国内では63 Sのみが販売されており、新型での展開形式は気になるところ。価格は1,800万~2,000万円あたりの予想で、ワールドプレミアの舞台は10月のパリモーターショーが濃厚かと思われます。, 3月のジュネーブモータショーで初お披露目となった新型Eクラス。オープンモデルのカブリオレは公式未発表ですが、すでにスクープ済み。内外装デザインの変更や最新のインフォテイメントシステム搭載といったアップデートに加え、現行ラインナップにある3.0LV6ツインターボ「E450」に代わる、3.0L直6+マイルドハイブリッド「EQ Boost」の新設定が目玉となりそうです。, 価格は現行価格帯の770万~1186万円にアップデート分の10~20万円が上乗せされる予想。ワールドプレミアは10月のパリモーターショーで行われる見込みです。, 独自のスタイルが特徴なスタイリッシュクーペ&ワゴンモデル・CLAに、初のPHEVモデルが設定される可能性が高いことが明らかになりました。パワートレインは、Aクラスの「250e」と共有する1.3L直4ガソリンターボ+75kw(160PS)の電気モーターを搭載し、システム総出力は218PS/450Nmを発生するとみられます。, EV航続距離は60〜70kmを記録する見込みで、新車車両価格は550万〜600万円の予想。ワールドプレミアは、2020年1月に米ラスベガスにて開催されるCES2020が有力です。, 次期GLAに設定されるAMG製の高性能モデル「35」と「45」が同時スクープされました。パワートレインは、35に最高306PS発生の2.0L直4ターボエンジン、45には最高387PS発生の2.0L直4直噴ターボがそれぞれ搭載されるとのこと。, 現在国内市場には45のみ導入されており、次期型でラインナップが充実するか否かも注目ポイントです。価格は45を基準にすると850万円程度と予想され、ワールドプレミアは2020年秋以降となる見込みです。, 現行型Eクラスから設定されるツーリングワゴンベースのクロスオーバーSUV「オールテレーン」の新型開発車両のスクープを入手。パワートレインは、最高出力194PSの直4ディーゼルや最高出力330PSの直6ディーゼルをラインアップし、4WDシステム「4MATIC」や9速ATとの組み合わせが標準となる予想です。, Sクラスの最高級レンジにのみ使用される超高級ブランド「マイバッハ」がGLSに設定されることが発表されました。ショーファーカーとしての役割を与えられ、ロールスロイス系統の重厚でクラシカルな雰囲気を漂わせます。, パワーユニットは、AMG GT系と共有する4.0L V8ツインターボを搭載し、最高558PS/730Nmの内燃機性能に加え、22PS/250Nを補助するの48Vマイルドハイブリッド「ISG」を組み合わせた「EQ Boost」仕様。発表の際、ターゲットとなる市場が中国、北米、ロシアと名言されており、日本国内への導入可能性は現段階では予測不能です。, ミニバン・VクラスをベースとしたEQブランドの市販EV第2段「EQV」が欧州で発表されました。Vクラスと異なる専用デザインが与えられる一方、Vクラスを踏襲した標準ボディとロングボディの2種類が用意されます。, EVパワートレインには、フロントアクスルにモーターやトランスミッションなどの駆動機構を集めた「eATS」を採用し、最大出力は204PS、最大トルクは362Nmを発揮。満充電での航続距離は最大で405kmに到達するとのことです。2020年から生産開始予定で、日本市場への導入可能性は今のところ不明です。, 現在5世代目となるEクラスの改良新型が、3月に欧州でワールドプレミアされました。主な変更点は、内外装の意匠デザインや最新世代マルチメディアシステムの「MBUX」を搭載などが挙げられます。また、4気筒ガソリンターボに48Vマイルドハイブリッド「ISG」を採用した点にも注目。, まずは欧州で2020年夏に発売され、以降北米や中国市場などで発売予定とのこと。日本市場への導入時期はおそらくセダンが2021年春ごろ、ステーションワゴン・クーペ・カブリオレも同年内に導入されるでしょう。車両価格はエントリーグレードへのISG採用を考えると、スタート価格800万円超からエンドが1,100万円台となる予想です。, 改良新型EクラスのAMG製高性能モデル「E 53 4MATIC+」が3月に欧州で発表されました。新型ではLEDライトやエアロパーツのデザインがよりスポーティにアレンジされ、標準Eクラス同様に最新型の「MBUX」を搭載します。, パワートレインは現行同様に435PSを発生する3.0L 直6ツインターボに22PSの出力補助を行う48Vマイルドハイブリッド機構を組み合わせ、AMGの9速スピードシフトと駆動トルクの可変配分が可能な4WDシステム「4MATIC+」を装備。日本への導入は2021年夏以降となる見込みで、価格は1,300万円台と予想します。, 2019年11月のロサンゼルスモーターショーにて、新型GLEのAMG仕様「63」が初公開され、2020年3月に欧州にて予約受注が開始されました。パワートレインは、AMG GT由来の4.0L V8直噴ツインターボ。同エンジンは最高で571PSを発生し、上位モデルの「63 S」はさらに出力が引き上げられ、612PSのハイパワーを誇ります。, 両モデルともに「EQ Boost」も採用され、9速スピードシフトと合わせて優れた加速力を発揮。価格は日本円にすると約1,300万円(Sが1,600万円)で、2020年末には国内にも導入されるでしょう。, 新型「GLE 63」と同時発表されたのが、上位クラスに相当する新型「GLS 63」。こちらも2020年3月に欧州で予約受注を開始しました。Sモデルの設定はなく、パワートレインは、GLE 63のSモデルが搭載する最高612PS発生の4.0L V8ツインターボエンジンに、48Vマイルドハイブリッドの「EQ Boost」を組み合わせます。, 加速能力はフルサイズSUVながら非常に高く、0-100km/h加速4.2秒、最高速は250km/hまで到達します。価格は日本円で約1,800万円、国内導入はGLE 63と同時タイミングで2020年末となる予想です。, 【新型ノート フルモデルチェンジ最新情報】2020年11月下旬に予約受注開始か!読者からのリーク情報, 【次期新型トヨタ ランドクルーザープラド 最新情報】フルモデルチェンジは2021年2~4月か!, 【次期新型トヨタ ノア/ヴォクシー/エスクァイア】フルモデルチェンジは2021年6月?2022年に延期?, 【トヨタ】新型車デビュー・モデルチェンジ予想&スクープ|2020年11月6日最新情報, 【新型トヨタ アルファード】フルモデルチェンジは2022年!?ヴェルファイアは廃止へ?, 復活新型ホンダ インテグラの大予想デザインCGを入手!懐かしのカッコインテグラを振り返り, 【南明奈#おため試乗】トヨタ新型ライズを欲しい人は必見!いいとこ取りコンパクトSUV, MOBYは毎日クルマを”使う”人、持っていない人に車を好きになってもらうため、新型車、最新の技術やサービスからドライブ情報まで、車の楽しさや魅力を発信します。, {"status":404,"message":"NotFound \u63b2\u8f09\u7d42\u4e86.

ラブライブサンシャイン フィギュア レビュー 17, コキンメフクロウ 生息 地 19, 柏レイソル ジュニアユース 練習 場 5, 約束 日にち 勘違い 5, ミニバス センター 身長 7, テレワーク チェア 折りたたみ 8, 霊 障 チェック 本物の奇跡が起きる 17, ウィッチャー3 変異 多幸感 16, コストコ 冷凍 サーモン 刺身 8, ポケモン剣盾 いばる 技マシン 6, ウタエット ウルトラボイス 効果 59, 86 エイティシックス Raw 24, テアトルアカデミー 費用 免除 17, シニア ボーイズ ヤング ポニー 46, 磯村 勇人 英語 4, 致します いたします 公文書 4, 府民共済 火災保険 雨漏り 4, ニードルス トラックパンツ コーデ 8, Rowan 髭男 意味 9, 浅見光彦シリーズ28 高千穂伝説殺人事件 ネタバレ 12, 伊藤聡子 かわいい 画像 19, Ark レベル上がらない バグ 24, アルティメットニッパー 在庫 あり 11, フック船長 手 作り方 9,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.