双 葉山 事件 11

金原によると、千葉刑務所の周辺には週に約1回の頻度で部落解放同盟や中核派や社青同解放派などの支援団体の街宣車が訪れ、「冤罪事件に巻き込まれた石川さん! また、大野鑑定は石川の埼玉県警狭山署長あて上申書(1963年5月21日)と脅迫状だけを比較したものだったため、半沢英一から「上申書だけでなく、関源三さんあての手紙なども問題となるので、これらの筆跡資料も対象として立論がなされるべきだった」と批判された[132]。, 事件当時から石川の支援団体で活動していたというメンバーの一人は「自分も養豚場従業員の筆跡はひと通り見たけど、やっぱり石川さんの字が比較的脅迫状の字には似ていた。あとのはもう、全然似てなかったし」と発言しており、冤罪論者の側にも石川と脅迫状筆者との筆跡の類似を認める声がある[57]。, なお冤罪論界隈において、直接証拠と物証の違いを理解せず、脅迫状を狭山事件の「唯一の直接証拠」と呼ぶ向きもあるが[143]、法律上は自白もまた直接証拠である。, 1963年7月9日、当時の浦和地方裁判所(現:さいたま地方裁判所)に強盗強姦・強盗殺人・死体遺棄で追起訴されて浦和拘置所に移送された石川は、1963年9月4日から始まった一審で犯行を終始認め、判決の言い渡しまで否認をしなかった。捜査官の自白強制による冤罪の場合、公判では被告人が一審から無罪を主張するのが通例であり[144]、石川のように一審で罪を全面的に認めていたのは特異なケースとされる[注釈 39]。, と甘言で釣られたためであるというが、当の長谷部はこのような発言の存在を否定しており、石川の申立の信憑性は証明されていない[146]。冤罪論の立場からは、石川の自供は警察に騙されて引き出されたものと説明されているが、自供した動機の説明として「それだけでは不十分」であることは『狭山差別裁判』の著者の師岡佑行も認めている[147]。なお、逮捕当初の石川は被害者の父に1963年6月27日付で, と詫び文句を爪書している。しかし、弁護人の中田直人らは自白や物証の疑わしさを衝き、また警察による違法捜査の可能性を指摘し、無罪を主張した。ただし一審の段階では石川が犯行を認めていたため、弁護人橋本紀徳の最終弁論もまた、本事件が石川の犯行であったことを前提に、石川に前科がなかったこと、出来心による犯行[注釈 40]であったこと、意図的に殺したのではなく誤って殺したことなどを強調し情状酌量を狙う内容となっていた[149][注釈 41]。なお、石川家には私選弁護人の報酬を支払う能力がなかったため、中田らは自腹で石川を弁護した。一審判決の直前、1964年3月7日、石川は知人である巡査長の関源三に, と書き送っている。 中間・遠賀地区協は2月9日に電話で抗議するとともに、社側を事情聴取し、さらに遠賀町当局に「読売西部本社糾弾要綱」なる文書を4000部印刷させて闘争を開始した[206]。この糾弾要綱は, 6月8日には北九州市職員の同席のもとに糾弾会が開かれ、5時間にわたり吊るし上げがおこなわれ、自己批判、研修、協議制度など5項目の要求がつきつけられた[206]。しかし思想改造や事前検閲制を要求する部落解放同盟に対し、読売新聞社西部本社は同意を拒否し、編集の自主性を主張した[206]。, この事件につき、小倉タイムスの瀬川負太郎は「これではまったく戦前、新聞社を襲撃した右翼の論理と変らないではないか。またこの通りにことが運べば憲法が保障した思想・信条の自由、言論・出版の自由、結社の自由は有名無実になってしまう」[207]と部落解放同盟を批判している。, を加算し、変死者を12人と数える場合もある。ただし、青年TAについては身元を隠して千葉県に移住したことが確認されている[179]。, このことから、あたかも真犯人や真相を知る者が自責の念から自殺したかのように、あるいは口封じのために関係者を殺したかのように想像し、物証と取り調べ方法に関する不審点や差別問題を背景に冤罪説と結びつける向きもあるが、一連の変死と狭山事件との関係は何ら証明されておらず、憶測の域を出ない[218]。特に1963年5月11日の目撃通報者の自殺については、亀井トムにより「自殺を偽装した謀略殺人」との説が唱えられたこともあるが[219][220]、後には石川冤罪論者の半沢英一からも「この亀井トムさんの説は、根拠とする事実の認定からして間違っていました。例えば、T・Nさんの自殺当日に取られたT・Nさんの奥さんの供述調書が残っており、それによれば、T・Nさんは奥さんの眼前で、たしかに包丁で心臓をついて自殺しており、他殺でなかったことは確実です」[221]と批判されるに至っている。, 亀井トムは被害者の日記における「夜もおこづかいのことで兄と言い合い涙をこぼしてそのままふとんにもぐった。ふとんの中でもくやしいくやしい」(1963年4月27日)との記述を根拠として、財産分与をめぐる身内の犯行との説を唱え[222][223]、部落解放同盟[224]や殿岡駿星もこの説を踏襲した。亀井によると、被害者の父は「農家の子は男も女も中卒で充分。もし高校に行きたければ自分で働いて行け」との持論の持ち主で、長兄も次兄も夜間高校出身だったが、被害者は兄弟姉妹の中でただ1人昼間の高校に行った、高校に行けば知的になる、そうすれば財産の6分の1はもらいますよと主張するようになる、これは長兄にしてみると非常に困ることだった、という[225]。一方、伊吹隼人は財産分与をめぐる身内の犯行との説を「なぜ高校に入学したばかりの少女を真っ先に殺害しなければならないのかの説明がつかない」と批判している[226]。, その後、上告審の段階から部落解放同盟は真犯人探しの推理を避けるようになった。狭山事件最新弁護団の依頼で石川冤罪論の立場から筆跡鑑定をおこなった半沢英一は、家族真犯人説を示唆する小説を書きつつ[227]、「『狭山事件の真犯人』について私は、当時の警察の捜査が、思いこみによって非常に偏っていたことから、本質的な情報が収集されなかった可能性が高く、今となっては推定不可能だと考えています」と述べている[221]。, 事件発生当時、石川の兄から相談を受けた遠藤欣一(狭山市議、日本共産党)の紹介で日本共産党系列の自由法曹団の弁護士(東京合同法律事務所の中田直人と橋本紀徳(としのり)。のち同事務所の石田享(すすむ)が参加)が石川の弁護人となり、日本国民救援会など、日本共産党の影響下にある団体が、極貧の石川家のために自費で支援活動をしていた。1963年に第1回部落問題研究者集会で中西義雄が狭山事件に触れたこともあるが、一審当時の石川は罪を自供していたため、部落解放同盟中央本部からは支援を受けられなかった(ただし中央本部とは別個に埼玉県連や群馬県連などが石川の家族を励ますとともに、埼玉県警捜査本部に抗議を申し立てたことはある[228])。1964年9月に二審が始まり、石川が無罪主張に転じた時、石川の弁護士の中田直人らは部落解放同盟中央本部を訪れ、支援を要請したが顧みられなかった[17]。, その後、1965年の同和対策審議会答申に積極的な評価を与える部落解放同盟と、否定的な評価を与える日本共産党の間で軋轢が生じる。1965年5月29日、東京高裁第2回現場検証に野本武一や清水喜久一ら埼玉や東京の部落解放同盟代表が参加[229]。1965年10月5日、部落解放同盟第20回全国大会で、石川の無実を前提とする公正裁判要求の決議が出る[229]。, 1968年10月6日、部落解放同盟は「狭山事件第1回現地調査」を行なったことを公表[230]。1969年3月3日と3月4日、部落解放同盟は第24回全国大会で狭山事件支援の特別決議を採択し、「差別裁判」を盛んに主張するようになった。1969年7月10日、部落解放同盟が中央本部に石川青年救援対策本部を設置し、パンフレット「狭山事件の真相」を発行[229]。これを受け、1969年11月、被差別部落出身の学生運動家の沢山保太郎らが「狭山差別裁判糾弾」を掲げ「浦和地裁占拠闘争」を開始。1970年3月13日、部落解放同盟第25回全国大会で「狭山差別裁判糾弾」の方針を決定[229]。1970年5月18日、部落解放同盟が部落解放国民大行動に取り組み、狭山差別裁判反対を訴えて、6月17日まで日本全国を行進[229]。1972年1月26日、部落解放同盟と協力関係にある日本社会党が第35回大会で狭山闘争支援を決議[229]。, このように、石川支援の軸足が日本共産党から日本社会党へ移るにつれ、一審における石川の弁護人の中田直人らは部落解放同盟から「差別弁護士」「日共系弁護士」という攻撃を受けるようになり、1973年には石川自身からも「日共系弁護士」と公然と非難され[231]、1974年4月には、中核派機関誌『武装』誌上で石川から「三月公判に於ける弁護士の不誠意・斗魂のなさといいましょうか、勉強不足には耳をふさぎ目をそむけたくなる」と非難を受け、1974年10月の二審終了後、1975年2月には石川から解任され、, と辞任声明を発表するに至る。なお、中田らの辞任に先立つ1970年には既に朝田善之助(部落解放同盟委員長=当時)の依頼で山上益朗が狭山弁護団に加わっていた[232]。 公然わいせつ被疑者の逮捕(鈴鹿署) 11月12日夜遅く、鈴鹿市白子駅前において、駅に停車中の電車内で、自己の陰茎を露出するなど公然とわいせつな行為をしたとして、同日、男(51歳)を逮捕した。 2020年11月13日. 2020年11月13日. ミステリーを地でゆく狭山事件」。, 部落解放同盟中央本部『狭山差別裁判 第3版』(部落解放同盟中央出版部、1972年), 部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部編『無実の獄25年 狭山事件写真集』p.126(解放出版社、1988年), 部落解放同盟中央本部編『70年代の部落解放運動―当面する部落青年の闘争課題 部落解放第15回全国青年集会・報告書 (1972年)』p.41-42(部落解放同盟中央本部、1972年), 鈴木祥蔵、中村拡三、全国解放教育研究会『解放教育の成立と展開』第3巻、第13巻、p.287(明治図書), 部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部編『無実の獄25年 狭山事件写真集』p.127(解放出版社、1988年), 部落解放同盟中央本部中央狭山闘争本部編『無実の獄25年 狭山事件写真集』p.96(解放出版社、1988年), 杉尾敏明「部落解放と民主教育―現代同和教育論」(青木書店, 1985.3)p.155, 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)p.346, 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)p.14, 「八鹿・朝来暴力事件と裁判闘争 1974-1996」(公正・民主的な同和行政と地方自治・教育・人権を守る兵庫県共闘会議, 1996)p.299, 「八鹿・朝来暴力事件と裁判闘争 1974-1996」(公正・民主的な同和行政と地方自治・教育・人権を守る兵庫県共闘会議, 1996)p.300, 暁近志編『資料集─怒りと友情のスクラム 東京大学における解放研一派とのたたかいの記録 1973年4月~1975年3月』(部落問題研究所、1975年)p.154, 『八鹿高校事件民事訴訟判決集(全文)』 (公正民主な同和行政と地方自治・教育と人権を守る兵庫県共闘会議、1990年)p.38。, 小野悦男『でっちあげ 首都圏連続女性殺人事件』p.259(社会評論社、1979年), 小野悦男『でっちあげ 首都圏連続女性殺人事件』p.261(社会評論社、1979年), 『八鹿・朝来暴力事件と裁判闘争 1974-1996』(公正・民主的な同和行政と地方自治・教育・人権を守る兵庫県共闘会議, 1996)p.130-131, 時流ワイド ●狭山事件 50年無実訴え 直聞インタビュー 石川一雄さん(3/6ページ) 2013年10月10日付 中外日報, 手拭い配付のでっち上げ鮮明に 狭山弁護団が新証拠提出 「解放新聞」(2013.10.28-2640), 第45回人権交流京都市研究集会 第1分科会 部落と人権「狭山事件50年~再審にむけた課題」における発言。, 日刊ゲンダイDIGITAL 狭山事件<前編>冤罪を訴え続け再審請求中の石川一雄さん 公開日:2019/08/03 06:00 更新日:2019/08/03 06:00, 部落解放文学賞の創設 (1974年) - 部落問題入門写真でみる戦後60年―部落解放運動の歩み, 部落解放同盟全国連合会 石川一雄さんと共にたたかうぞ! 小中学生が狭山集団登校(奈良)(2008年11月18日), 評者◆西岡智(聞き手=小嵐九八郎)水平社創立宣言の思想は生きている──狭山差別裁判糾弾の大運動は今も豊かな教訓を示す No.3089 ・ 2012年12月08日, EDANO Yukio / E-mail News Letter 2000.11.28, 評者◆西岡智(聞き手=小嵐九八郎) 水平社創立宣言の思想は生きている──狭山差別裁判糾弾の大運動は今も豊かな教訓を示す, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=狭山事件&oldid=80195492, 甲事実について逮捕・勾留の理由と必要があり、甲事実と乙事実とが社会的事実として一連の密接な関連がある場合(判文参照)、甲事実について逮捕・勾留中の被疑者を、同事実について取調べるとともに、これに付随して乙事実について取調べても、違法とはいえない。, 強盗強姦、強盗殺人、死体遺棄、恐喝未遂、窃盗、森林窃盗、傷害、暴行、横領被告事件の確定判決に対する再審請求事件についてした再審請求棄却決定に対する異議申立棄却決定に対する特別抗告, 所論引用の各新証拠(判文参照)は、それ自体においても、また旧証拠と総合評価しても、申立人に無罪を言い渡すべき明らかな証拠とはいえない。(いわゆる狭山事件第1次再審請求), 刑訴法435条6号の証拠の明白性を否定するなどした原判断が是認された事例(いわゆる狭山事件第2次再審請求), 捜査本部が発足。この日の朝、養豚場経営者IKの自宅を警官が訪問し、IK宅に出入りしている青年らの住所氏名を訊く, このころ石川一雄が養豚場経営者IKから事件当日のアリバイや血液型を尋ねられ、「1日は兄と仕事をしていた。血液型も犯人とは違う」と嘘をつく, 石川一雄が兄から「もしお前だったら、男らしく自首して出ろ!」と詰問され「おれじゃない」と答える, 捜査線上に浮かび上がった石川一雄、自宅に警官の訪問を受ける。事件当日は朝から夕方まで兄と共に近所で仕事をしていた旨の、虚偽のアリバイを申し立てる自筆の上申書を作成。ただし, 石川、恐喝未遂・窃盗・森林窃盗・傷害・暴行・横領の容疑で逮捕される。虚偽のアリバイ主張を維持し、犯行を否認。同日深夜、石川の兄が共産党市議のもとに駆けつけ、弁護士の紹介を依頼。このとき石川の兄は「もしかしたら、弟はやったかもしれないが…」と語っていた, 養豚場経営者のIKと元従業員のTAが杉材16本(2万3000円相当)の窃盗の容疑で, 石川、警察による取調べで、脅迫状の筆跡と自らの筆跡について「同じだと字の先生が言って居るそうですが、私も字の先生の言う事は信用します」と供述, 石川、保証金5万円で保釈されるも、警察署を出る間もなく、15時20分ごろ強盗強姦・強盗殺人・死体遺棄の容疑で再逮捕される, 石川、強盗強姦・強盗殺人・死体遺棄の罪で追起訴される。同日、浦和拘置所に移される。, 石川、知り合いの巡査長の関源三に「私は必ず人を殺して反省をしないようでは神様が黙ってはおりません 又私はどのような「サバ」きを受けようが決して不服はありません」と書き送る。しかし後年(, 石川、知り合いの巡査長の関源三に「テレビやラジオ新聞でご存知のとうり(ママ)私は死刑の判決を受けました それも仕方のないこととあきらめておりますが控訴申立の手続だけはしておきました」と書き送る。, 石川、浦和地方裁判所の裁判長に「私は狭山の女子高校生殺しの大罪を犯し三月一一日浦和の裁判所で死刑を言い渡された石川一雄でございます」で始まる上申書を出す。, 石川、浦和拘置所から東京拘置所に移される。石川によると「浦和にいたときの私は字の読み書きは全く出来ませんでした」という, 石川、3人共犯の自白について「関さんに話したのは関さんから言われたのではなく私から話した」と認める手紙を出す。, 石川によると、このころから「文字の読み書きを拘置所の中で、独力ではじめた」という。, このころ部落解放同盟(委員長・朝田善之助=当時)が狭山裁判を「差別裁判」と規定する, 部落解放同盟第30回大会にて、石川による中田弁護士たちへの悪罵の声明が読み上げられる, 石川、東京拘置所から千葉刑務所に下獄。後年(2016年2月27日)石川は「読み書きができなかったけど、刑務所で文字を覚えた」旨の発言をしている, 午後7時50分ごろ、長男は堀兼駐在所に届け出、その後、駐在所から狭山警察署に連絡された。警察は, 脅迫状の指定時刻「五月2日の夜12時」が5月2日午前0時とも読めるため、5月1日23時40分、次女(当時23歳)が20万円分の現金に見せかけた偽造紙幣を持ち、身代金受け渡し場所として指定された狭山市大字堀兼の佐野屋酒店の入口前で犯人を待った。, 午前3時頃、狭山市大字入間川の畑付近で数匹の犬が一斉に吠えた。2日後、この付近から被害者の遺体が発見されている。, 23時55分頃、次女はあらためて佐野屋酒店の前に立ち、20万円分の偽造紙幣を用意して犯人を待った。付近の茶畑や民家の庭の植え込みには、張り込みの刑事が40人潜んでいた。, 朝、埼玉県警は記者会見を開き、本事件を公開捜査にすることを発表。上田明埼玉県警本部長は「犯人は必ず土地の者だという確信をもった。近いうちにも事件を解決できるかもしれない」と発言、中勲捜査本部長も「犯人は, 朝から警察官45人と地元の消防団員45人による雑木林の山狩りがおこなわれた他、捜査員165人による聞き込みが実施された。14時25分頃、狭山市大字入間川字井戸窪の山林内にて被害者の自転車の荷掛けゴムひもが発見された。, 19時から21時にかけて、埼玉県警に依頼された五十嵐勝爾鑑定医が、少女宅で司法解剖を行った。, 遺体は死後2~3日経過しており、死因は首を絞めたことによる窒息死であったが、警察側の五十嵐鑑定では「加害者の上肢(手掌、前膊或いは上膊)あるいは下肢(下腿等)による扼殺」とされ、弁護側の上田・木村鑑定等では、被害者の首に見られる蒼白帯から、幅広い布による絞殺とされた。死亡推定時刻について、確定判決では5月1日午後4時20分頃, 少女は生前に強姦されており、膣内から血液型B型でLe(a-b+)型の精液が検出された, 胃の中にはジャガイモ・ナス・タマネギ・ニンジン・小豆・菜(葉)・米飯粒の半消化物のほか、, 後頭部には生前に負ったものと思しき裂創があり、おそらく転倒の際、角のある鈍体に衝突して生じたものと推定された。弁護側鑑定では、牛乳瓶2本分程度の出血があったとされた。, 処女膜には少なくとも1週間以上前にできたものとみられる亀裂があったが出血はなかった。ただし、処女膜の亀裂はスポーツ等によって生じた可能性もあり、事件前における性体験の有無は不明であった, 死斑の状態から、初め6時間以上にわたり仰向けにされ、その後うつぶせにされたものと推定された。, 養豚場の入口脇に住む大工で1960年6月に強姦未遂・恐喝・窃盗などで検挙されていたTI, 15時台 - 50分ごろ、狭山市入間川の加佐志街道の十字路で、自転車で学校から帰宅する途中の被害者と遭遇。, 17時台 - 死体処理について30分ほど思案した後、死体を芋穴のそばに運ぶ。脅迫状を訂正。, 18時台 - 荒縄を盗む。死体を芋穴に逆さ吊りにしてから被害者の家へ被害者の自転車で出発。, 19時台 - 被害者の家に向かう途中、山林で被害者の教科書と鞄を捨てる。30分ごろ被害者の家に到着し、玄関のガラス戸に脅迫状を差し込む。徒歩で帰る途中、I養豚場からスコップを盗む。, 20時台 - 盗んだスコップで穴を掘る。芋穴から死体を出して死体埋葬用の穴に埋める。スコップは麦畑に捨てる。, 7時過ぎ、「仕事に行く」と言って弁当持参で家を出る。しかし仕事に行かず、入間川駅から西武新宿行きの急行に乗り、西武園で下車、西武園で2時間以上を過ごした後、所沢のパチンコ屋で時間をつぶす。, 14時台 - 入間川駅で下車、仕事のズル休みが露見すると父に叱られると考え、西口で引き続き時間をつぶす。金子八百屋の知り合いから「パチンコかい?」と訊かれた(と石川一雄は主張しているが、当の八百屋は「憶えていない」という, 15時台 - 煙草とマッチを買う。入間川小学校(当時は入間川駅の西口にあった。現在は移転)の築山で休んでいたら雨が降ってきた。, 16時台 - 入間川駅西口前の荷小屋に到着。雨が本降りになったため19時過ぎまで3時間以上にわたり雨宿りをする。この間、16時頃に中学生の集団を見たほか、17時頃に残飯を積んでジョンソン基地から石川の自宅方面へ向かうI養豚場の車を見たという, 22時頃 - 食事と入浴の後に就寝。床に入ってからしばらくすると、兄が単車に乗ってずぶ濡れで帰宅してきたという。, 腕時計については当初捜索のために発表された品名はシチズン・コニー(埼玉県警から特別重要品触として5月8日に手配された物はコニー6型で側番号C6803 2050678と個体識別情報があった)となっていたものが、実際に発見されたのはシチズン・, 発見された万年筆は中に入っていたインクがブルーブラック。被害者が当日にペン習字の授業で使っていたとされるインクは, 石川の自宅は「自供」以前に何度も捜索されていたにも関わらず、人目につきやすい勝手口の鴨居から万年筆が突然「発見」されたのは「自供」後。, 警察側が証拠とする脅迫状の筆跡が石川の筆跡と異なるものであることは明確であり、かつ、当時の石川には文字を書く能力がないに等しかった。, 脅迫状における「時」の字の「土」の部分は「主」の崩し字となっていた。石川による上申書でも「時」の「土」の部分が「主」と誤記されていた, 脅迫状では「一分出もをくれたら」「車出いツた」「死出死まう」などと「で」が「出」と表記されていた。石川自筆の手紙でも「来て呉れなくも言い出すよ」「あつかましいお願い出すが」などと「で」が「出」と表記されていた, 石川は脅迫状を被害者の家族方に届けに行く途中、被害者宅の近隣農家に被害者宅の場所を訊いたと供述している。その近隣農家に面通しさせたところ、石川の背丈・顔貌・頭髪の様子と一致した, 石川は脅迫状を被害者の家族方に届けに行く途中、被害者宅の2~3軒東隣の表道路に自動車が停まっているのを目撃したと供述している。調べてみると、そのころ被害者宅の2軒東隣に肥料商がライトバンを停めていた事実が判明した。, 被害者の遺体を縛る時に用いた手ぬぐいは狭山市の「五十子米穀店」が165本配布したうちの1本であり, 「昭和42年(1967年)ごろから、私は文字の読み書きを拘置所(東京拘置所)の中で、独力ではじめたのです。控訴審になってから、外部の人に無罪を訴えるためには、もはや自分自身の手に頼るしかないと思い、猛勉強をしたのです。そのころには、外部から手紙をもらうようになりました。当初は読めないから担当の看守に読んでもらったのですが、もちろん返事は書けません」, このため、特に上越支社報道部には貴同盟の担当者を設けるが、県単位の組織ができたときは本社報道部にも同様の記者を置く, 文化欄や解説欄などで、部落差別に関する評論や座談会、研修会などを積極的に取り上げていく, 石川がわれわれと同じ被差別部落民であるからといって、石川を無実と断定することはできず、無責任に冤罪論を展開するわけにはいかないこと, 狭山裁判は差別裁判でも権力犯罪でもなく一般刑事裁判であり、したがって、被害者の遺族のことも考えず「権力」対「犠牲者」といった図式で捉えるのは軽率すぎること, 石川やその家族が部落解放同盟や新左翼のテロリストに接近し、その妄動に加担していること, フィルムレポート第二集 差別と権力犯罪 これでも石川さんが犯人か(1977年、監督:瀬戸要、福田元彦、小島茂), 石川一雄 - 「第1番目に自殺した人(被害者宅の元使用人 - 引用者註)が犯人じゃないかと、私は今でも思っています」.

オードリーヘップバーン Iphone 壁紙 5, ウォーキング 時間帯 女性 4, エピフォン セミアコ Es339 5, やまとなでしこ ドラマ動画 2話 18, ランレングス圧縮 わかり やすく 10, イオン ベルト付き ボトルポーチ 5, 大成建設 人事 日経 12, グルージャ盛岡 2ch 60 25, オリパ 専門 店 Lucky Leaves 11, 固結び ほどけない 結び方 11, 紅蓮華 ギターソロ 楽譜 5, Dtv コナン 配信スケジュール 4, トヨタスポーツセンター プール 愛知県豊田市 36, シノビガミ シナリオ 面白い 15, 退職 念書 拒否 5, スポット溶接 タイマー 自作 5, ラルク 重い 曲 18, 三菱ufj 電話 繋がらない 4, Gジェネ ジェネシス おすすめ機体 16, Zoom ミラー効果 スマホ 4, ひなくり2019 動画 Bilibili 21, 英語 問題 例題 7, オードリー 若林 ランキング 31, 大村工業 バレー 練習 6, 声優事務所 デスク 仕事内容 7, サントリーオールド ウイスキー 寿 9, 多 部 未華子 グッズ 9, アークファイブ エド 別人 24, 自衛隊 駐屯地 贈り物 7, Googleカレンダー Office365 同期 6, もっさん なんj ツクール 9, Sixtones パパ 小説 19, 刀剣乱舞銀魂 真選組 Pixiv 6, ハーフ 赤ちゃん 特徴 11, ドン じゅ ら りん 発売 日 14, バイキンマン イラスト 簡単 20, メンヘラ Line 長文 23, セントフォース スプラウト オーディション 17, Amiiboカード レイニー メルカリ 7, 隣 が 芸能人 6, 室伏広治 始球式 なんj 15, エメラルド サンダー 育成 4, ポケモン サンムーン エンディング 歌詞 29, 色 兼 四字熟語 6, 基本情報技術者試験 午後 アルゴリズム 6, 武蔵新城 コ ワーキング スペース 25, 半沢直樹 5話 ネタバレ 31, 羅生門 要約 400字 51, デリカd5 車 中泊 自作 23, 明治座 社長 歴代 20, ポケモン 卵 オスしか生まれない イーブイ 5, Anaクラウンプラザホテル福岡 クラブラウンジ ブログ 6, 杉咲花 中川大志 キスシーン 7, Fedex 税関 止まる 4, 東方 曲 簡単 7, Tiktok 中国版 登録 5, 北海道 クレー射撃 費用 41, 韓菜 ハンチェ 店舗 10, 三菱重工 名古屋航空宇宙システム製作所 年収 59, 見取り図 ネタ M1 17, 爆豪勝己 おい おいおい 何 話 5, 宇善 学パロ 小説 11, 役所の対応 悪 すぎ 喧嘩 してき た 7, 納豆 3パック 食べ過ぎ 12, Interactive Activities 意味 4, Pubg 8スコ 感度 7, 在宅勤務 覚書 テンプレート 18,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.