中継ぎ 登板数 なんj 13

 ここで、各球団を支える中継ぎ投手たちの奮闘をねぎらう意味も込めて、各球団においてもっとも登板数が多い中継ぎ投手のここまでの成績を見てみたい。まずはセ・リーグから。 1:2020/08/29(土)22:45:28.41ID: gSP9TWVaaNIKU.net 1エスコバーDeNA30 2パットンDeNA29 3三嶋一輝DeNA27 3岡田俊哉中日27 3山ア康晃DeNA27 6清水昇ヤクルト26 Copyright (c) 2020 FromOne Inc. All Rights Reserved. スアレス(阪神) :36試合(37回2/3)2勝0敗6H17S 防御率1.43 35奪三振 清水昇(ヤクルト):37試合(39回)0勝4敗22H0S 防御率3.23 42奪三振 塹江敦哉(広島) :37試合(37回2/3)3勝3敗15H0S 防御率2.87 33奪三振 文=清家茂樹(せいけ・しげき), ◆オリックス、4年ぶり鷹3タテ逃すも粘りのドロー リリーフが無失点リレーで踏ん張る. 張本智和 W杯2大会連続メダル 祖父江大輔(中日):36試合(34回1/3)1勝0敗19H0S 防御率1.31 20奪三振  ここまで3敗を喫しているものの、防御率2.40としっかり首脳陣の期待に応えている。ただ、DeNAの場合は、エスコバーに次いでパットンが12球団2位タイの40試合に登板するなど、中継ぎ陣の酷使を心配する声も聞かれる。 宮西尚生(日本ハム) :38試合(37回)2勝1敗19H3S 防御率2.68 40奪三振 益田直也(ロッテ) :37試合(36回1/3)2勝2敗3H24S 防御率1.98 37奪三振 長谷川涼香 ISLで負けなし5連勝 new! 牧田和久(楽天) :38試合(37回)1勝1敗19H1S 防御率1.46 25奪三振 モイネロ(ソフトバンク):40試合(38回1/3)1勝1敗31H1S 防御率1.17 68奪三振 【パ・リーグ球団別最多登板中継ぎ投手】 平良海馬(西武) :38試合(36回2/3)0勝0敗20H0S 防御率1.96 45奪三振 ※数字は9月27日終了時点 CS制するのは“PayPayドーム男”? 鷹はタイトル獲得者、ロッテはベテランが好相性, 元阪神ドリス、ジョンソンがメジャーの舞台で躍動 過去には元巨人マイコラスが最多勝を受賞..MLB移籍で活躍果たした“逆輸入”助っ人たち, WHIPトップは山本由伸、最多敗は有原、投手三冠の千賀滉大は与四球多く…個人主要タイトル以外の成績は?, 月間22勝を呼んだ柳田の貢献、鷹勢を上回る楽天右腕も光る…セイバー指標で見るパ月間MVPは?, 今オフFAの田中将大、名門ヤンキースでの7年間 メジャー通算78勝、ルーキーイヤーから6年連続2桁勝利【編集部フォーカス】. 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 中川皓太(巨人) :33試合(32回)2勝1敗13H6S 防御率0.84 24奪三振 ハミルトン F1最多タイ7度目王者 new!  今季は過密日程に加え、延長10回打ち切りという特別ルールにより仕掛けが早まることで、中継ぎ投手の負担増が懸念されるなかではじまった。現在、そのシーズンは3分の2強を終えている。  そのDeNAと対象的といえるのが巨人だろう。巨人でもっとも登板試合数が多かったのは中川皓太だ。その防御率は0.84、今季の自責点はわずか「3」と見事な投球を続けている。ただその登板数は33試合と、セ・リーグ13位にとどまるものだ。それだけ先発陣が長いイニングを投げることができている、あるいは中継ぎ陣の負担を複数の投手にうまく分散できているということ。そのことも、巨人独走のひとつの要因と言えそうだ。 new! 【セ・リーグ球団別最多登板中継ぎ投手】  そもそも登板数が多いということは、それだけ首脳陣の信頼を勝ち得ている投手だということ。それだけに、名を連ねているのは好成績を残している投手がほとんどだ。そのなかで、両リーグを通じてもっとも登板数が多いのがエスコバー(DeNA)だった。  パ・リーグの最多登板投手はモイネロ(ソフトバンク)。「1.17」という防御率も素晴らしいが、なんといっても目を引くのは38回1/3を投げて68奪三振という数字だ。9投球回あたりの奪三振数である奪三振率にすればなんと「15.97」となる。  ただ、牧田や宮西らベテラン勢を含め、中継ぎ投手が本当に苦しくなるのはこれからだろう。今季のレギュラーシーズンは11月に入ってなお続く。例年なら日本シリーズもとっくに終わっている時期だ。もともと例年より早い予定だったシーズン開幕に合わせて調整したコンディションを、例年よりはるかに長く維持しなければならない。 new! ハミルトン歓喜の涙!シューマッハーに並んだ通算7度目王者 予選6番手から逆転V【F1第14戦トルコGP決勝】, 張本智和が銅メダル獲得「喜びも悔しさも経験できた」 3位決定戦で死闘制してW杯2大会連続メダル. ◆ 楽天・牧田、日本ハム・宮西の両ベテランが健在 首位・ソフトバンクのブルペンを支えるリバン・モイネロ (C) Kyodo News, ◆ 中継ぎ陣の登板過多が心配されるDeNA 山田修義(オリックス) :34試合(30回2/3)2勝4敗12H0S 防御率4.70 35奪三振 ただその登板数は33試合と、セ・リーグ13位にとどまるものだ。 それだけ先発陣が長いイニングを投げることができている、あるいは中継ぎ陣の負担を複数の投手にうまく分散できているということ。 貴景勝 思わぬ「副産物」励みに エスコバー(DeNA):44試合(41回1/3)0勝3敗12H0S 防御率2.40 45奪三振  もちろん、これはすべての選手にいえることだが、異例のシーズンを戦い抜くには中継ぎ投手の踏ん張りが不可欠だ。今後の中継ぎ投手たちの奮闘に期待するとともに、彼らにエールを送りたい。  続いて、パ・リーグを見てみたい。  そして、心から称賛の声を送りたいのが、ともに現在35歳の牧田和久(楽天)と宮西尚生(日本ハム)だ。奇しくもここまでまったく同じ38試合37回を投げており、「ベテラン健在」という姿を見せてくれている。  基本的に先発投手に比べて中継ぎ投手の奪三振は多くなるものの、1投球回あたり2奪三振に迫るこの数字は驚異的としかいいようがない。首脳陣からすればこれほど頼もしい中継ぎ投手もそうはいないだろう。 1: 名無しさん 20/01/25(土)10:26:09 id:09s 能見(40) 51登板 44回 19hp *0s 防御率4.30藤川(39) 56登板 56回 27hp 16s 防御率1.77守屋(26) 57登板 54回 *9hp *0s 防御率3.00pj(28) 58登板 58.2回 42hp *0s 防御率1.38岩崎(28) 48登板 53.2回 29hp *0s 防御率1.01島本(26) 1: 名無しさん 2020/08/17(月) 08:30:52.24 ID:1Jcr6wcS0 セ エスコバ(横) 1.82 23試合 24 2/3 清水(ヤ) 2.96 23試合 24 1/3 三嶋(横) 3.32 23試合 21 2/3 パットン(横) 5.75 23試合 20 1/3 岡田(中) 3.44 22試合 18 1/3 祖父(中) 2.21

七 つの 大罪 ゲラード 足, コマンドプロンプト エクセル 出力, パワーポイント 図形 削除 できない, 大学 第二外国語 ない, 理系 国語 得意, 短期留学 1ヶ月 費用, 主婦 資格 在宅, ヴォクシー ダウンサス テイン, I Don't Care 和訳, Y51フーガ 前期 グレード, 都道府県 生産量 クイズ, ヤフーショッピング クーポン 使えない, Any Video Converter フリー版 最新バージョン, 文字数カウント フリーソフト Mac, ロシア イースター 2020, エスクァイア モデリスタエアロ キット, 猫 蹴る 動画, ニューバランス ファクトリーストア と は, バイク 馬力 250, 収入証明書 賃貸 新卒, デオナチュレ ソフトストーン 子供, 純恋歌 歌詞 嫌い, 圧縮ソフト パスワード Mac, 保阪尚希 通販 骨盤, Ocn モバイル One 音声対応sim 変更, Youtube エラーが発生しました 再試行, 簡単 なお仕事です 一 話 ネタバレ, 平成のスター とい えば, フロントディレイラー 直 付け 下げる, 敬老 席 何歳から, 羽田空港 京 急 蒲田 徒歩, イオン 東習志野 チラシ, 吉本ばなな つぐみ 名言,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.