ヴォルフガング アマデウス モーツァルト 生涯 5

しかしそれだけの高収入を得たことで浪費が増えることに。 / Sebastian Stiphout, Austrian National Tourist Office 兄カールが音楽の道に進まなかったことから「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト2世」として活動することになります。 Wien これだけ稼いでしまえば、じっとしているのは難しかったのでしょうね。, 名作曲家として知られたモーツァルトは亡くなる3年前に手紙を残しており、そこには「私ほど作曲に長い時間と膨大な思考を注いできた人は他には一人もいない。 1769年から1771年にかけては父と共にイタリアのミラノ、ボローニャ、ローマを巡回。 / Mozarthaus Vienna, Austrian National Tourist Office Telephone: しかし彼が生後4か月のときに父が亡くなってしまい、音楽教育はアントニオ・サリエリやヨハン・ネポムク・フンメルといった作曲家から教わることに。 これは「ラブレター」として書いたものですが、これは格好の「笑いのネタ」になりそうですね。 / Stephanie Berger, Austrian National Tourist Office / Hans Wiesenhofer, ヨハン・ネポムク・デラ・クローチェ作モーツァルトの一家 Johann Nepomuk della Croce, 1780/81, Austrian National Tourist Office 1787年5月に父がこの世を去ってしまうとギャンブルなどお金を浪費するようになり、この頃から周囲へ借金を依頼することも増えるように。 高収入を得たモーツァルトは7つの部屋があるアパートに住み、年収の約17%を酒、贅沢な食事につぎ込んでいたとされています。 生活が苦しくなる中でも音楽活動は続行しており、1790年2月には即位したレオポルト2世の戴冠式に同行した際に私費でコンサートを開催。 / Hans Wiesenhofer, Austrian National Tourist Office やがてモーツァルトが幼少期を迎えると父レオポルトは息子の才能を見抜き、3歳のときからチェンバロを弾き始め、5歳のときには最初の作曲を行うように。 作曲家であるということは何時間にも及ぶ努力を意味する」との言葉が残されています。 ", "Award of the Papal Equestrian Order of the Golden Spur to Wolfgang Amadeus Mozart", - the european archive : Seach Results page -, Composer Wolfgang Amadeus Mozart - listen online, download mp3 - complete works, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト&oldid=80459007, 優秀な音楽家としての顔を持ちながら、その実は猥談を好み、妻のコンスタンツェに宛てた卑猥な内容の手紙が数多く残されている。, モーツァルトが書いたとされる手紙は多く残されているが、手紙は最大5か国語を使い分けて書かれている。また友人などに宛てた手紙の中においては、何の脈絡もなく世界の大洋や大陸の名前を列挙し始めたり、文面に何の関係もない物語を唐突にかつ仔細に書き出したりしていた。, ベーズレ書簡はヴォルフガングの死後、息子たちによって破棄を望まれたが、現在6通が保管されており、これらの手紙は彼の男性的で激しい部分や、言葉による旺盛な想像力を示している。ベーズレの残された数少ない銅版画は、彼女の素晴らしい美貌を示しているが、この点は彼女の強みとはならず、彼女がかなり移り気な女性であったことがのちに証明されることとなった。, 遠く離れた妻のコンスタンツェにあてた手紙では、そういった言葉づかいは見当たらず、繊細さや優しさを帯びた手紙となっている。ほかに『, そのほか冗談好きな逸話としては、ある貴族から依頼を受けて書いた曲を渡すときに手渡しせず自分の家の床一面に譜面を並べ、その貴族に1枚1枚拾わせたというエピソードがある。, モーツァルト一家の親しい友人であり、ザルツブルク大司教に仕えたトランペット奏者、ヴァイオリニスト、チェリストのシャハトナーは, モーツァルトの時代、ピアノ協奏曲の多くはピアノと明記されることはまれで、通常クラヴィーアと書かれていた。クラヴィーアとは鍵盤楽器のことであるが、通常有弦鍵盤楽器を指し、, 水谷彰良『サリエーリ 生涯と作品 モーツァルトに消された宮廷楽長(増補改訂新版)』、復刊ドットコム、. モーツァルトには7人の兄弟がおりその中の末っ子でしたが、他の5人は幼児期に死亡。 Give us a call Monday to Friday from 8am to noon. / allOver/VSL, Haus der Musik モーツァルトは35年の生涯の内、なんと10年間を旅に費やしました 「旅は人の視野を広げる」というのが、彼の父レオポルド・モーツァルトの持論でした。ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、子供にも関わらず、よく旅をするヨーロッパ人でした。彼のコンサートツアーは、遠くはロンドンにまで達し、その驚くべき才能は国際的に知れ渡りました。しかし、当時旅の主な交通手段は馬車によるものだったので、大変時間がかかり、辛いものでした。ザルツブルクからウィーンに行くにも、優に一週間はかかりました。モーツァルトは人生の内の10年間という時を費やして、合計17回のコンサートツアーを行いました。旅行中にも作曲ができるように、彼はよくコンパクトな鍵盤楽器「トラベル・ピアノ」を携えて行きました。このピアノは、幅わずか90センチ、奥行き31センチしかなく、取り外しができる別個の脚が付属していました。, モーツァルトの最も重要な旅のお供は、もちろんトラベル・ピアノとヴァイオリンです。それに加え、高貴な人々の前で演奏する時に着るエレガント服も重要でした。他にも毎日の生活に必要なアイテム、例えば、トイレタリー用品、筆記用具、お茶や砂糖の容器、カトラリー、救急キットなどです。, また、モーツァルトは本、旅行ガイド、外国語を学ぶための文法の本なども入れていました。旅先のさまざまな通貨に換算する時に、金貨の価値を正確に計算するための硬貨換算表は役立ちました。, 父のレオポルド・モーツァルトは、家族がより容易に高貴な人々に会えるように、常に何通かの推薦状を携えていました。, 3.モーツァルトはナイトの爵位を持っていた? ヴォルフガングの父レオポルドは、かなりモダンな考えを持つ男性でした。彼は妻を愛し、良く物事についての妻の意見を求めました。それは、当時としてはかなり珍しい事でした。また、彼はマーケティングの天才であり、進歩的な発想を持っていました。しかし、実は一つの伝統的な野心を抱いていました。それは、レオポルドの二人の子供に貴族の爵位を賜る事を頑なに望んでいたことです。そして、ヴォルフガングは実際「ゴールデン・スパーのナイト爵位」をローマ教皇から授与されました。しかし、若きモーツァルトは爵位に見合う高貴な生まれの女性を自分の伴侶として求めるよりも、恋愛結婚をする事を決めたのでした。そして、高貴な位に対するモーツァルトの意識は、忘却の淵に沈んでいきました。彼は自分の爵位を、自分のために公式に用いた事は一度もありません。自分をただ単に「ヴォルフガング・アマデウス」、または、イタリアを旅行中には、「ヴォルフガンゴ・アマデオ」として人には知っておいて欲しかっただけなのです。, 1781年にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、自分より24才年上のヨーゼフ・ハイドンと親しい友人になりました。ハイドン以後、ウィーン古典主義を代表する、二番目の主要人物と称されたモーツァルトについて、ハイドンはモーツァルトの父に言っていました...「神に誓って、また、正直者として私はあなたに申し上げますが、私が直接知っている人物、もしくは、名前を知っているすべての人々の中でも、あなたの息子は最高の作曲家です。彼には素晴らしいセンスがあり、その上、非常に深遠な作曲の知識があります」と。ハイドンとモーツァルトはフリーメーソンのメンバーでしたが、これは二人の間の強い絆を裏付ける更なる証拠といえます。, モーツァルトは、人生の最後の10年間をウィーンで過ごしました。この地で、彼は結婚し、子供が生まれ、亡くなり、そして埋葬されました。モーツァルトの波乱万丈の人生は、数々の噂や、伝説、推論に付きまとわられていますが、その中でも、彼の突然の死にまつわるものが取り分け多いようです。死の直前に、彼自身が毒を盛られたと確信していたそうですが、この仮説は科学的研究によって反証されています。, 1才の時、モーツァルトは母と共に、ドイツの都市マンハイムへ旅しました。この街で、モーツァルトは歌手アロジア・ウェーバーに恋し、夢中になりました。ヴォルフガング・アマデウスは、アロジアと結婚し、彼女と共に人生を歩むだろうと、すぐにハッキリと意識しました。二人の結婚式のミサのための曲を作曲し始めたほどです。しかし、アロジアは彼のプロポーズを断りました。, 厳格で野心的なモーツァルトの父も、息子が大人であるにも関わらず、未熟過ぎると考えていたので、この結婚には反対でした。父はヴォルフガング・アマデウスには、女性たちなどに気を取られず、自分の仕事に専念し続けることを望んでいたのです。, しかし、恋愛感情は永遠には先延ばしにすることは出来ません。モーツァルトがウィーンに引っ越した時、アロジアの妹コンスタンツェ・ウェーバーと出会いました。モーツァルトは父の望みに反し、父の許可もなしに、1782年8月4日にウィーンのシュテファン大聖堂で、質素で小さな挙式を挙げ、コンスタンツェと結婚しました。, モーツァルトは、現在もザルツブルクのアルター・マルクトで営業している、その起源を1700年まで遡ることができるオーストリア最古のコーヒーハウス、, カフェ・トマセリで、よくアーモンドミルクを注文していました。モーツァルトがこの店の定連客であった訳は、少しも不思議ではありません。なぜなら、このカフェは、ゲトライデガッセ通りのモーツァルト生家から徒歩でわずか数分の距離にあるのですから。, モーツァルトがザウアークラウトとレバー団子などのスパイシーな料理に好んで合わせた飲み物は黒ビールです。モーツァルトの妹のナンネルの日記には、ザルツブルクのシュティーグルブロイ(リンク張る)を訪れたことが記されています。1780年8月に、彼女はこう書いています、「3時に私たち三人は、シュティーグルブロイにボーリングを見に行きました。私たちは、この立派なビヤホールで美味しいビールを何杯か飲みました」。, 3.

小林麻耶 旦那 テレビ 9, ジャニーズ 退所 噂 4, リモート ワーク Daigo 5, イャンガルルガ 金冠 歩数 4, Mozu 津城 死亡 23, クリマレ バイ ディーホリック 店舗 12, 高橋克典 嫁 病気 4, 桃 英語 複数形 5, 承認欲求 ない 2ch 6, 包丁 黒錆 つけ 方 9, ハングリー ドラマ 動画 6話 19, 就活 大手 なんj 22, 一条工務店 中古 三重県 10, Tnt Psa Charge 11, 鈴木 仁 ブログ 4, 仕事中 ネットサーフィン ばれない 41, 若年性 アルツハイマー病 寿命 6, Love Tune 学歴 38, ももクロ ギター Takuya 29, Uniq スンヨン 父 31, アイナナ リスカ 小説 18, 夏目友人帳 アニメ 1期 14, 東大 和 南高校 校則 7, ハワイ 神様 種類 17, 西野カナ Believe Mp3 14, ファイヤー スティック 解除 8, イルミナ カラー グリーンアッシュ 5, 剣盾 通信交換 切断 13, 野田岩 横浜高島屋 メニュー 4, タガタメ ネロ 武具 11, Ngt まとめ 最新 11,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.