パレード 映画 考察 38

『パレードへようこそ』(英: Pride )は、2014年にイギリスで製作されたレズビアン・ゲイ映画・歴史映画・コメディドラマ映画。 スティーヴン・ベレズフォード ( 英語版 ) が脚本、 マシュー・ウォーチャス ( 英語版 ) が監督を担当した。 ", 旧:フランダース国際映画祭ヘント (Internationaal Film Festival van Vlaanderen – Gent), Outstanding Achievement in Casting - Feature Film Studio or Independent Comedy, 【映画を聴く】80年代ポップスをバックにゲイと炭坑夫の意外すぎる結束を描いた実話『パレードへようこそ』/前編, Cannes Directors' Fortnight 2014 lineup unveiled, British film talent gathers for Cannes send-off, Festival de Cannes: la "Queer Palm" décernée à "Pride" du Britannique Matthew Warchus, Blockbuster British film Pride could become a stage musical, Here's The First Image From Matthew Marchus's 'Pride,' Which Will Close Directors' Fortnight at Cannes, Pride the movie: Jonathan Blake, the campaigner played by Dominic West, talks about HIV, the miners' strike and gay rights, When miners and gay activists united: the real story of the film Pride, “Pride - Cannes Film Festival - film review”, http://www.standard.co.uk/goingout/film/pride-cannes-film-festival--film-review-9437759.html, “Gay activists and miners on strike: an unlikely pair in film festival favorite 'Pride'”, https://www.washingtonpost.com/blogs/style-blog/wp/2014/09/12/gay-activists-and-miners-on-strike-an-unlikely-pair-in-film-festival-favorite-pride/, http://www.allocine.fr/film/fichefilm_gen_cfilm=228499.html, http://www.bbc.co.uk/bbcfilms/articles/pride_shoot_date_set, “Toronto: Bill Nighy Blasts Margaret Thatcher for Bashing Gays, Trade Unions”, http://www.hollywoodreporter.com/news/toronto-bill-nighy-blasts-margaret-730891, “"Pride" Opens in NY, LA, and SF September 26”, http://pcmworldnews.com/news/2014/09/pride-opens-in-ny-la-and-sf-september-26/, http://www.filmjabber.com/movie-release-dates/2014/9/, ビル・ナイら出演『パレードへようこそ』4月公開!ロンドンLGSMの若者とウェールズ炭坑労働者の友情描く, 【LGBT】映画「パレードへようこそ」4月公開 UKヒット曲にのせ、レズビアン・ゲイ描く, “Pride: Are US film censors pandering to homophobia?”, https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/pride-are-censors-pandering-to-homophobia-9765935.html, “US censors accused of homophobia over restrictive Pride rating”, https://www.theguardian.com/film/2014/oct/02/pride-us-censors-accused-of-homophobia, Gay banner removed from Pride DVD cover in US, The Boxtrolls knocks Sex Tape off UK box office top spot, The Boxtrolls spends second weekend at top of UK box office, “Could The Riot Club be too posh to push at the UK box office”, https://www.theguardian.com/film/filmblog/2014/sep/23/the-riot-club-posh-uk-box-office-boxtrolls, “Billy Elliot Live skips past The Equalizer to top UK box office”, https://www.theguardian.com/film/filmblog/2014/sep/30/billy-elliot-live-beats-the-equalizer-at-uk-film-box-office, “Gone Girl finds gold and Dracula Untold sucks bucks at the UK box office”, https://www.theguardian.com/film/2014/oct/07/gone-girl-dracula-untold-uk-box-office-charts, “'Skeleton Twins' Robust In Specialty Box-Office Expansion; 'Pride' Solid In Debut”, http://deadline.com/2014/09/skeleton-twins-robust-in-specialty-box-office-expansion-pride-solid-in-debut-842628/, “Pride, film review: Two tribes and plenty of nostalgia in this feelgood hit”, https://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/reviews/pride-film-review-two-tribes-and-plenty-of-nostalgia-in-this-feelgood-hit-9727720.html, “Pride review – when gay activists struck a deal with miners”, https://www.theguardian.com/film/2014/sep/11/pride-film-review-miners-strike-gay-people-1984, “Screen star Imelda Staunton to immortalise miners' supporter, Hefina Headon, in film about strike”, http://www.southwales-eveningpost.co.uk/Screen-star-Imelda-Staunton-immortalise-miners/story-19950199-detail/story.html, “Pride - film review: 'Bill Nighy and Imelda Staunton escape national treasure status to show us something new'”, http://www.standard.co.uk/goingout/film/pride--film-review-bill-nighy-and-imelda-staunton-escape-national-treasure-status-and-show-us-something-new-9728351.html, “Pride review: Gays add flair in feel-good miners-strike flick”, http://www.smh.com.au/entertainment/movies/pride-review-gays-add-flair-in-feelgood-minersstrike-flick-20141029-11cy2s.html, “Pride - film review: Schmaltz and piety abound as gay rights activists join forces with striking miners”, http://www.ft.com/cms/s/0/aa2140b6-39a0-11e4-83c4-00144feabdc0.html, “‘Pride’ underlines how intransigent Scargill was”, http://www.ft.com/cms/s/0/212f8d08-44a4-11e4-ab0c-00144feabdc0.html#axzz3jrNvPcNh, “'Pride' wint publieksprijs Film Fest Gent”, http://www.hln.be/hln/nl/945/Film/article/detail/2103040/2014/10/27/Pride-wint-publieksprijs-Film-Fest-Gent.dhtml, “Recordaantal bezoekers voor Leiden International Film Festival”, https://web.archive.org/web/20141224171755/http://www.dichtbij.nl/groot-leiden/regionaal-nieuws/artikel/3775948/recordaantal-bezoekers-voor-leiden-international-film-festival.aspx, “Matthew Warchus’ ‘Pride’ Wins Top Prize at British Independent Film Awards”, https://variety.com/2014/film/news/benedict-cumberbatch-keira-knightley-attend-british-independent-film-awards-live-blog-1201373211/, GLAAD Media Awards 2015 nominations announced: Sam Smith, 'Transparent,' 'The Imitation Game' among top nods, GLAAD announces nominees for 26th Annual GLAAD Media Awards presented by Delta Air Lines, Hilton, Ketel One Vodka, and Wells Fargo, Actor in a Supporting Role in a Feature Film, IFTA Awards Focus: Best Supporting Actor Film, The David di Donatello awards: Black Souls in the lead with 16 nominations, 'Birdman' Wins Italy's David Di Donatello Award for Best Foreign Picture, 【映画を聴く】80年代ポップスをバックにゲイと炭坑夫の意外すぎる結束を描いた実話『パレードへようこそ』/後編, パレードへようこそ - Music From And Inspired ByThe Motion Picture, “How Welsh singing starlet Bronwen Lewis turned rejection on The Voice into big screen Pride”, http://www.walesonline.co.uk/whats-on/whats-on-news/bronwen-lewis-turned-rejection-voice-7762679, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=パレードへようこそ&oldid=77714544. 『パレードへようこそ』(英: Pride)は、2014年にイギリスで製作されたレズビアン・ゲイ映画・歴史映画・コメディドラマ映画。スティーヴン・ベレズフォード(英語版)が脚本、マシュー・ウォーチャス(英語版)が監督を担当した。実在の団体レズビアンズ・アンド・ゲイズ・サポート・ザ・マイナーズ(英語版)(LGSM、字幕では「炭鉱夫支援同性愛者の会」)が、1984年から1985年の炭鉱ストライキ(英語版)の際に炭鉱労働者へ金銭支援を行った話を映画化したものである。脚本のベレズフォードは数少ない当時の資料を集めたほか、実際のLGSMメンバーも取材に協力した[3]。LGSMの創設メンバーとして、ベン・シュネッツァー、ジョージ・マッケイ、ジョセフ・ギルガン、フェイ・マーセイ(英語版)、ドミニク・ウェスト、アンドリュー・スコット、フレディ・フォックスが出演し、支援を受けたウェールズの炭鉱組合のメンバーとして、パディ・コンシダイン、ビル・ナイ、イメルダ・スタウントンなどが出演した。, 作品は2014年の第67回カンヌ国際映画祭監督週間(英語版)のクロージング・フィルムとして上映され[4][5]、この年のクィア・パルムを受賞した[6]。また作品はゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)、英国アカデミー賞 英国作品賞、英国アカデミー賞 助演女優賞(イメルダ・スタウントン)にノミネートされ、英国アカデミー賞 新人賞(英語版)を獲得した。脚本のベレズフォードは、監督のウォーチャスも参加して舞台ミュージカルにする計画があると明かしていた[7]。, 作品は、レズビアン・ゲイの活動家たちが、サッチャー政権下で起きた1984年から1985年の炭鉱ストライキ(英語版)の際に炭鉱労働者の家族に金銭支援を行い、レズビアンズ・アンド・ゲイズ・サポート・ザ・マイナーズ(英語版)(LGSM、字幕では「炭鉱夫支援同性愛者の会」)の活動の端緒となった実話を映像化したものである[8]。このような提携は前例の無いものだったが、当時活動は大成功を収めた[8]。, ブロムリー区出身でゲイだということをひた隠しにしているジョー・クーパー(演:ジョージ・マッケイ)は、20歳の誕生日にゲイ・プライド・パレード・イン・ロンドン(英語版)を観に行き、無理矢理パレードに参加させられる。終了後の反省会で、パレード直前に炭鉱ストライキのニュースを読んでいたゲイの活動家マーク・アシュトン(英語版)(演:ベン・シュネッツァー)は、炭鉱労働者が虐げられる現状は同性愛者と同じだと訴え、支援組織「炭鉱夫支援同性愛者の会」(LGSM) の旗揚げを提案する。ほとんどが気乗りせず帰ってしまう中、創設メンバーには、反省会場だった書店ゲイズ・ザ・ワード(英語版)の店主ゲシン(演:アンドリュー・スコット)とその恋人ジョナサン(演:ドミニク・ウェスト)、マイク(演:ジョセフ・ギルガン)とジェフ(演:フレディ・フォックス)、紅一点のレズビアン・ステフ(演:フェイ・マーセイ(英語版))などが名乗りを上げ、ジョーも参加することになる。, LGSMは書店の前で募金活動を始め、全国炭鉱労働組合(英語版)など寄付先となる炭鉱組合を探すが、同性愛者の団体であることから断られ続けてしまう。しびれを切らしたマークは炭鉱町に直接寄付することを決め、地図でランダムに探した中から、ウェールズの小さな村・オンルウィン(英語版)を探し出す。ディライス炭鉱の代表者としてロンドンにやってきたダイ・ドノヴァン(演:パディ・コンシダイン)はゲイ・バーで感謝のスピーチを行い、地元に戻ってLGSMを招待したいと提案するが、同性愛を嫌う組合員のモーリーン(演:リサ・パルフリー(英語版))などから反対を受ける。支援物資の仕分けボランティアを行うシャーン・ジェームズ(英語版)(演:ジェシカ・ガニング(英語版))は、思わず招待すべきだと声を上げてしまう。オンルウィンに招待されたLGSMのメンバーは、当初一部のホモフォビアな住民たちから冷遇されるが、ジョナサンのディスコ・ダンスなどで打ち解ける。時を同じくして同性愛者でのAIDS流行が大きく報じられるようになる。, 1984年の冬、ウェールズを記録的な大寒波が襲い、オンルウィンを訪れたメンバーたちは、ミニバスが壊れたりインフラが止められたりと、スト参加者が苦境に陥っていることを知る。マークはこの状況を打開する秘策に出ると宣言し、オンルウィンの人々は『パンと薔薇(英語版)』を合唱してこれに応える。LGSMをよく思わないモーリーンは、義兄クリフ(演:ビル・ナイ)の誘いに乗らず、逆に新聞に密告して中傷記事を書かせる。新聞記事はストにも影響を与え、ゲシンの書店が襲撃される騒ぎにもなるが、マークはこれを逆手に使い音楽祭を計画する。カムデン・タウンで開かれた音楽祭には、オンルウィンから委員長のヘフィーナ(演:イメルダ・スタウントン)などが駆けつける。翌日、オンルウィンではLGSMの支援を受け続けるかどうかの決議が行われるが、モーリーンの画策で決議時間が早められてロンドンに行った組合員は参加できず、留守を守っていたクリフは口下手でLGSMの弁護に失敗する。また、ジョーは撮りためていた写真が元で家族にゲイだとばれ、軟禁状態に置かれる。マークは元恋人のAIDS発症も相まって自暴自棄になりLGSMを離れ、ゲシンは1人で募金中に殴られて入院するほどの怪我を負う。, 1985年3月、ついにストが終結する。オンルウィンに向かったジョー、そして彼を送り届けたシャーンは、それぞれマークとジョナサンから、人生を有効に使えと伝えられる。帰宅したジョーは家出してLGSMの活動に参加することを決める。, 6月のゲイ・プライド・パレード当日、マークがLGSMに戻ってくる。また、全国の炭鉱労働者たちがLGSMと共にパレードの先頭を歩み、活動への連帯を示す。その後エピローグでは、登場人物のその後と、翌年の労働党大会で全国炭鉱労働組合が圧力団体となり、同性愛者の権利が党マニフェストに盛り込まれたことが明かされる。, 作品は監督週間(英語版)のクロージング・フィルムとして2014年の第67回カンヌ国際映画祭で初公開され、上映後にはスタンディング・オベーションを受けたほか、この年のクィア・パルムを受賞した[17]。同年9月には第39回(英語版)トロント国際映画祭でも上映され、『ワシントン・ポスト』紙では「プレビュー・映画祭の観客双方から大人気だった」と報じられた[18]。全英公開は2014年9月12日で[19]、フランスでは5日後の9月17日に公開され[20]、イギリス・フランスではパテが配給を担当した[21]。またアメリカ合衆国での配給はCBSフィルムズ(英語版)が担当した[22]。アメリカでは2014年9月26日に、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコで限定公開(英語版)された[23][24]。, 日本では2014年12月に邦題が『パレードへようこそ』に決定したと報じられ[25]、セテラ・インターナショナル配給で2015年4月4日に公開された[26]。2017年6月には、日本テレビ「映画天国LGBT映画祭」の一環として地上波初放送された[27]。, イギリスでは全英映像等級審査機構が「時折の激しい言葉遣い」("occasional strong language") と性描写に関する2シーン(ゲイ・バーでボンデージを着た男性のシーンと、オンルウィンの女性たちがポルノ雑誌を寝室で見つけるシーン)を原因にレイティングを「15」(15歳未満の視聴を推奨しない)に決定した[28]。またアメリカ映画協会 (MPAA)は、イギリスの「15」に最も近いR指定(英語版)を行った。このレイティングは通例に従ったもので、英国映画協会はイギリスで「15」相当の映画はほとんどがアメリカでR指定になると述べた[29]。『インデペンデント』紙ではMPAAのレイティングが「ドラコンの立法」("draconian") のようだと批判され[28]、同性愛を扱った作品であるために若年者は付き添い無しで鑑賞できないレイティング ("no unaccompanied under-17s") になるのだと主張された(→ホモフォビア)。またこの記事では、MPAAが本作と同年に公開されたLGBT映画『人生は小説よりも奇なり』や、2013年公開の『G.B.F.(英語版)』もR指定したことを批判している[28]。『ガーディアン』紙では、この記事を引いて、MPAAが「NC-17」指定(17歳以下入場禁止)を行ったと報じたが、数日後に誤報を訂正した[30]。MPAAはこの件についてコメントを出していないが、イギリスのLGBT活動家であるピーター・タッチェルは、「『パレードへようこそ』には、露骨な性描写や暴力描写はない。アメリカ映画協会にはマイルドな同性愛描写であったとしても、そうした描写がある映画は17歳以下には適さないという硬直した価値観があるようだ。」と述べている[30]。, 2015年1月、アメリカ合衆国でのDVD発売時に、作品中の同性愛についての説明書きが除去されたと報じられた。作品説明からは、「ロンドンを拠点にしたゲイ・レズビアンの活動家グループ」("a London-based group of gay and lesbian activists") という文言が差し替えられて「ロンドンを拠点にした活動家グループ」("a group of London-based activists") とされ、また裏面からはレズビアン・ゲイのバナーが除去されたという[31]。, 公開初週、作品はイギリスで718,778ポンドの興行収入を獲得し、週末の順位は『ボックストロール』、『LUCY/ルーシー』に次ぐ3位となった[32]。第2週目の週末も、578,794ポンドの興行収入でイギリス国内第3位を維持した[33]。『ガーディアン』紙では、第2週目の興行収入は12%下落したがウィークデイ興行にも強かったと報じ、「少しぐらついたスタートの後、マシュー・ウォーチャスの映画は観衆をぐいぐい牽引するしるしを見せている」と述べた[34]。公開第3週のイギリス市場では、週末の興行収入400,247ポンドの第6位に後退した[35]。第4週目の週末には10位に後退し、興行収入は248,654ポンドとなったが、イギリス国内のここまでの収入は総計3,265,317ポンドにのぼった[36]。, アメリカ合衆国では限定公開6館となったが、公開初週末で総計84,791ドルの興行収入を得た[37]。公開規模はゆっくりと拡大し、第2週までに劇場数はさらに増加したほか、10月10日からは限定公開された3都市以外の街でも公開された[37]。, 作品は批評家に絶賛されている。映画批評を蓄積するサイト・Rotten Tomatoesでは、134件のレビューに基づき、新鮮度93%、平均得点10点満点中7.6点が付けられた「新鮮な映画」に分類されている[38]。また同サイトでは、批評数を基にした2014年のコメディ映画ランキングで『グランド・ブダペスト・ホテル』と『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』に次ぐ3位となった[39]。Metacriticでは36件のレビューに基づき、100点満点中の79点が付けられた[40]。, 『インデペンデント』紙のジェフリー・マクナブは、この映画が『フル・モンティ』や『ブラス!』、『リトル・ダンサー』(ビリー・エリオット)といった英国映画に引き続き、「産業基盤が疲れ果ててしまったイギリス」を舞台にしたと指摘している[41]。マクナブは5つ星を付け、「自由奔放なコメディを複雑な記録と結びつけた」脚本を賞賛したほか、マシュー・ウォーチャス(英語版)監督は映画全体に「視覚的コントラストと耳障りな並列で味付けをした」と述べた[41]。またこの作品は、作中取り上げられる問題を軽視することなく、そのユーモアと理解のしやすさを保っていると述べた。, 『ガーディアン』紙に批評を投稿したピーター・ブラッドショウ(英語版)は、作品を「感動的で愛すべき」("impassioned and lovable") ものだと評した[42]。彼はクリフの「無口な臆病さ」("taciturn shyness") を演じたビル・ナイや、「堂々として理知的な振る舞い」("dignified and intelligent performance") を見せるダイ役のパディ・コンシダインなど、俳優陣の演技を絶賛した[42]。作品公開目前の2013年10月に亡くなったヘフィーナ・ヒードンを演じたイメルダ・スタウントンに対しても好評価が寄せられた[43]。『インデペンデント』紙のマクナブは、実権を握る女性ヘフィーナは、「一部肝っ玉母さん (Mother Courage) で一部ヒルダ・オグデン(英語版)」("part Mother Courage and part Hilda Ogden") のようだと述べた[41][注釈 4]。マーク・アシュトン(英語版)を演じたベン・シュネッツァーの演技も好評価されている。『ロンドン・イヴニング・スタンダード(英語版)』に批評を投稿したシャーロット・オサリヴァンは、「シュネッツァーは有望でなさそうな履歴書のニューヨーカーなのに(『やさしい本泥棒』に登場した数少ない美点のひとつだ)、ここでは素晴らしく輝いている」と述べた[44]。『シドニー・モーニング・ヘラルド』のポール・バーンズは、作品は「ドライで、意外で、思いやりがあり、政治的理解が深く、感情的に価値のあるもので、着実な仕事をする素晴らしい俳優たちをきちんと集めている」と述べた[45]。, 『フィナンシャル・タイムズ』紙のナイジェル・アンドリュース(英語版)は5つ星中1つ星の評価で、作品は「奇術、比喩、陳腐な表現のオンパレードで、ポリティカル・コレクトネスという一輪車の上で2時間バランスを取るよう設計されたもの」("a parade of tricks, tropes and tritenesses, designed to keep its balance for two hours atop a political correctness unicycle") だと評した[46]。アンドリュースはさらに、「近代史の中で、イギリスの炭鉱労働者たちのストライキが英雄的な改革運動だと、文化的にイメージ変更されることほど驚かされることはない。これはラダイト運動家が(とりわけ)温室効果ガスや肺気腫に関する、組合の煽動行為を支持するよりももっとだ」と述べた[注釈 5]。これに対し、『フィナンシャル・タイムズ』に投稿された手紙では、作品がストライキ中アーサー・スカーギルが見せた「妥協しない態度」("intransigence") を明白にしたのだとされた[47]。, 作品の時代設定に合わせ、サウンドトラックには1980年代イギリスのヒットソングが数多く用いられている[62][63]。また、実際に同性愛を公表していたアーティストの曲や、当時同性愛コミュニティの中で人気だったモリッシーの曲が使われたり、スト運動という背景に合わせピート・シーガーのプロテストソングが使われるなどしている[63]。, 日本では映画の公開に合わせ、2015年2月16日にユニバーサルミュージックから配信販売された[64]。, 原文:"Nothing in modern history is more amazing than the cultural rebranding of the UK miners’ strike as a heroic crusade, rather than a Luddite last stand for (inter alia) union demagoguery, greenhouse gas and emphysema.

ドラえもん 声優交代 動画 4, Pubg サイガ ダブルバレル 12, Exclusion Zone 2 Download 13, シークワーサー 青切り サプリ 4, 一 回の睡眠で いろんな夢を見る 37, いえ コム スターツ 7, 競馬 期待値 Ai 52, メジャー 海堂 聖秀 結果 16, サウシー 煙 歌詞 7, 少年 ジュニアユース サッカー 三重 したらば 5, 365 韓国ドラマ 視聴率 14, 杉咲花 中川大志 キスシーン 7, 中華そば そのだ 福山 ガリガリガリクソン 15, Treasure ハルト 年齢 39, 恐怖体感 呪怨 隠しステージ 8, ドイツ語 Haus 性 12, 城戸真司 最期 セリフ 29, 中居 ローラ 金スマ 4, ベルフワイン 背番号 代表 12, 有吉ゼミ Bgm 洋楽 47, ネスカフェ Cm曲 Do You Know 4, 山口達也 再婚 相手 40, Jo1 Jam 意味 5, スタバ アイスアメリカーノ 作り方 15, フック船長 手 作り方 9, 待ち受け かっこいい 女性 4, Redmine カスタムフィールド プラグイン 5, 観音寺 ジョイフル 事件 4, 約束のネバーランド 6巻 伏線 57, 結 歌詞 Wacci 4, パワハラ防止法 指針 厚生労働省 6, テレワーク デスク 無印 54, 友達 かっこいい言い方 英語 16, 納車日 連絡 いつ 7, 不思議の国のアリス マッドハッター セリフ 4, キンキキッズ 動画 Mステ 4, 告白 少年a キャスト 4, フォートナイト 英語 大文字 24, 少女 がいきなり飛びついたオランダ国民が絶賛 した 15, ガントチャート テンプレート かわいい 6, クロノ 将棋 本名 6, 東海大翔洋 サッカー 監督 4, Arrows ミュージック プレイヤー 9,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.