ウィンダム ロタンダ サマンサ ロトンド 9

(スカパーのお申し込みはこちらから), ブレイ・ワイアットは1987年生まれの32歳。本名はウィンダム・ロタンダで祖父にWWE殿堂入りのブラック・マリガンを持ち、父はIRSやマイケル・ウォールストリートなどのリングネームで知られる元WWF世界タッグ王者のマイク・ロトンドさん。弟はボー・ダラスであり。バリー・ウインダムとケンドール・ウインダムの甥であるといういわゆるプロレス一家に生まれ育っておりますね!, ワイアットは幼いころからプロレスラーを志して2009年にWWEとデベロップ契約をして入団しています。傘下のFCWにてデビューしてますがこの頃はやたらとリングネームを変えておりましたね。6月に弟のボーとタッグを組んでロトンズを結成。FCWフロリダタッグ王座を獲得しています。, さらに2010年には中邑真輔も経験しているNXTにルーキーとしてシーズン2から参戦。このシーズンは4位に終わりFCWに出戻りしています。, 2010年にはWWEのPPVであるHell in a Cellにてジョン・シナと対戦したウェイド・バレットをアシストする形で参戦。 シナをネクサス入りさせておりマイケル・マクギリカティと共にネクサスの一員として猛威を振るいます。, 2011年にはマスクマンとしてFCWに参戦しますがこれは一回限りでギミック終了。NXTシーズン6に合わせてサイコパスなギミックであるブレイ・ワイアットにリングネームを変更します。イーライ・コットンウッドをパートナーとしてやたらと不気味な行動をしまくるワイアット・ファミリーなるユニットを結成します。, しかしコットンウッドは間もなく解雇。新たにWWEに加入したルーク・ハーパーをパートナーとしてエリック・ローワンも加入させると試合に介入をするようになりヒールとして活躍を始めます。, 2013年にはファミリーと敵対していたオリバー・グレイを襲撃して負傷させてシングルマッチ、タッグ戦線で抗争を展開。この頃からWWEの上層部の目に留まることとなりクリス・ジェリコと対戦するなど名を広めます。 父はIRSやマイケル・ウォールストリートなどのリング … ペイバックでは、トリプルスレットマッチでの王座戦が組まれ、レインズが姿を現さないまま二人で王座戦を開始。しかし、ストローマンをスーパープレックスで投げた際にリングが崩壊し、両者がダウンした所でレインズがやってきて試合契約書にサインしてリングインし、スピアーで疲弊した両者を駆逐しストローマンをフォール。負けずしてユニバーサル王座を失った。, 「タイガー服部のYOUなに聞きたい!? Line: 68 Function: require_once, Message: Undefined variable: user_membership, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/user/popup_modal.php Function: view, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/controllers/Main.php Function: view, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/index.php マイク・ロトンド(Mike Rotundo、本名:Lawrence Michael Rotunda、1958年3月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。フロリダ州セントピーターズバーグ出身。, IRSことアーウィン・R・シャイスター(Irwin R. Schyster)、マイケル・ウォールストリート(Michael Wallstreet)などのリングネームで知られる。, ブラックジャック・マリガンの娘婿で、バリー・ウインダムやケンドール・ウインダムとは義兄弟にあたる。息子のウィンダム・ロタンダ(デューク・ロトンド / ブレイ・ワイアット)とテイラー・ロタンダ(ボー・ロトンド / ボー・ダラス)もプロレスラーである。, シラキュース大学でレスリング選手として活躍後、大学の先輩であるザ・デストロイヤーにスカウトされ、1981年9月22日、西ドイツにてプロデビュー[1]。, 1982年より、アメリカのノースカロライナ州に本拠を置くジム・クロケット・ジュニア主宰のMACWで活動。レスリングの素地を持つ技巧派のベビーフェイスとして頭角を現し、12月25日にレロイ・ブラウンからNWAミッドアトランティックTV王座を奪取[2]。1983年8月7日にはカナダのトロントにて、ドン・カヌードルを破りNWAカナディアンTV王座を獲得した[3]。, 1983年9月より、エディ・グラハムが主宰していた地元フロリダのCWFを主戦場とし、9月24日にロン・バスからフロリダ版のNWA南部ヘビー王座を奪取[4]、12月16日にはトーナメント決勝でグレッグ・バレンタインを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得した[5]。CWFではバリー・ウインダムとのタッグチームでも活動し、1984年3月14日にバス&ブラック・バートのロング・ライダーズからUSタッグ王座を奪取[6]。以降も同王座を巡り、ロング・ライダーズと抗争を展開した[6]。, 1984年末、ウインダムと共にWWFに移籍。フェイスターンしていたキャプテン・ルー・アルバーノをマネージャーに迎え、"USエクスプレス" のチーム名で活躍[7]。翌1985年1月21日、ディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションを破り、WWF世界タッグ王座を獲得する[8]。3月31日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたレッスルマニアの第1回大会でアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフに奪取されるも6月17日に奪還、8月24日にバレンタイン&ブルータス・ビーフケーキのドリーム・チームに敗れるまで戴冠した[8]。, 1986年1月、ウインダムとのコンビで全日本プロレスに初来日[9]。この時点でUSエクスプレスはWWFを離脱していたが、ロトンドは以降もWWFに単発出場し、ダニー・スパイビーとの新チーム "アメリカン・エクスプレス" などで活動、ブレット・ハート&ジム・ナイドハートのハート・ファウンデーションやアックス&スマッシュのデモリッションとも対戦した[10][11]。, 1987年3月15日には古巣のCWFにおいてエド・ガントナーを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座に返り咲き、6月7日にもドリー・ファンク・ジュニアを下して再び戴冠[5]。同年にCWFはMACWに吸収合併されたため、同王座の最後のチャンピオンとなった[5]。以降、かつての活動拠点であったMACWに主戦場を移す。, 同年末にヒールに転向して、リック・スタイナーと大学のレスリング部をモチーフとした体育会系ユニット "バーシティ・クラブ" を結成。試合用コスチュームもショートタイツからアマレス選手スタイルのショルダータイツとなった。スタイナーと仲間割れ後の1988年9月からはスティーブ・ウィリアムスを新パートナーに活動(マネージャーはケビン・サリバンが務め、後にスパイビーも加入)。1989年4月2日、ウィリアムスと組んでロード・ウォリアーズを破りNWA世界タッグ王座を獲得した[12]。, バーシティ・クラブ解散後、MACWを買収したWCWにて1990年11月より、証券アナリストをギミックとしたマイケル・ウォールストリートに変身。以降、1990年代は頭脳派のホワイトカラー系ヒールとして活躍し、1991年3月の新日本プロレス来日[13]を経て、同年4月よりアメリカ国税局(Internal Revenue Service)と同じイニシャルのIRSことアーウィン・R・シャイスター(Irwin R. Schyster)を名乗りWWFに参戦[14]。ワシントンD.C.出身の元IRS収税吏というキャラクター設定のもと、眼鏡にスーツ姿でブリーフケースを手に、マイクで観客に納税を促しながらリングに登場。Yシャツにネクタイ、スラックス姿のまま試合を行うなど、WCWでのマイケル・ウォールストリートをさらに発展させたギミックで注目を集め、ハクソー・ジム・ドゥガンやビッグ・ボスマンなどのブルーカラー系のベビーフェイスと抗争を繰り広げた[15]。, 1992年からは金満家ギミックの"ミリオンダラー・マン" テッド・デビアスと "マネー・インコーポレーテッド(マネー・インク)" なるタッグチームを結成[16]。同年2月7日、リージョン・オブ・ドゥームを破りWWF世界タッグ王座を再び獲得[8]。1993年4月4日のレッスルマニアIXでは、ハルク・ホーガン&ビーフケーキのザ・メガマニアックスを挑戦者チームに防衛戦を行い、デビアスと共にホーガンのWWF復帰戦の相手を務めた[17]。その後もWWFに定着して、デビアスとのマネー・インクではナチュラル・ディザスターズやスタイナー・ブラザーズ、シングルではタタンカやレイザー・ラモンなどと抗争を展開した[18][19]。, 1995年9月、WWFを離脱してWCWに移籍。ビンセント・ケネディ・マクマホンのイニシャルをもじったV・K・ウォールストリートを名乗ってWWFからの回し者キャラクターを演じ[7]、初戦となる9月11日放送のマンデー・ナイトロにてスティングのUSヘビー級王座に挑戦した[20]。1997年からはnWoの一員となり、同年6月にマイケル・ウォールストリートの名で新日本プロレスに6年ぶりに来日[21]。以降も1999年まで新日本プロレスに再三来日して、蝶野正洋率いるnWoジャパンおよびTEAM 2000で活躍した[1]。, WCW離脱後は日本を主戦場とするようになり、2000年11月には全日本プロレスでウィリアムスとバーシティ・クラブを再結成して世界最強タッグ決定リーグ戦に出場、12月9日の日本武道館での決勝戦で川田利明&渕正信を破り優勝を果たした[22]。2001年2月24日には、博多スターレーンにて太陽ケア&ジョニー・スミスの世界タッグ王座にウィリアムスと組んで挑戦している[23]。, 2003年11月にはウインダムとのUSエクスプレスでIWAジャパンに参戦[24]。翌2004年5月4日、同団体の後楽園ホール大会で引退試合が行われ、ウインダム&三宅綾と組み、ドゥガン、ロード・ウォリアー・アニマル、松田慶三のトリオと6人タッグマッチで対戦(レフェリーはデビアス)[25]、ドゥガンからフォールを奪い勝利を飾った。, 引退後は、2006年よりWWEのロード・エージェントとして活動[7]。番組内にも時折登場し、2010年3月29日のRAWで行われたクリスチャン対テッド・デビアス・ジュニアのランバージャック・マッチでは、デビアス、ニック・ボックウィンクル、パット・パターソン、サージェント・スローター、トニー・ガレア、リッキー・スティムボート、ロディ・パイパー、ジェリー・ローラー、アーン・アンダーソンらと共に、レジェンドの1人としてランバージャック役を務めた[7]。, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/user/popup_modal.php さらにかつてフィニッシャーとして使用していた相手にしりもちをかますランニング・セントーン、スタナー、自分の体重をかけて相手にそのまま落とすオクラホマ・スタンピード、いわゆるラリアット的な打撃技であるクローズド・ラインもありますね! Function: _error_handler, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/user/popup_harry_book.php Line: 192 Line: 479 (スカパーのお申し込みはこちらから), いかがでしたでしょうか。WWEのリングで王者クラスの実力者として活躍するブレイ・ワイアット。多彩なギミックを持つ彼はインパクト絶大で多くの子供たちのファンも付いておりまさしくヒーローともいえるヒールですね!, WWEにはプリンス・デビッド、AJスタイルズの活躍やかつて新日本で活躍してきた中邑真輔やKUSHIDAのWWE参戦も発表されましたし、新日本出身のレスラーとの激突が日本のファンから大きな期待を受けているのは間違いありません。, そんな彼の現在の試合をテレビの大画面で見るにはスカパーのJ SPORTSとの契約が必要ですが、彼の試合にはその料金以上の価値があるエキサイティングなものが多いですよね!, これを機に彼の試合と他のスポーツも合わせて見てみてはいかがでしょうか。 Function: _error_handler, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/page/index.php Function: _error_handler, File: /home/ah0ejbmyowku/public_html/application/views/page/index.php (スカパーのお申し込みはこちらから), J SPORTSの月会費は月額2676円です。 ウィンダム・ロタンダ(Windham Lawrence Rotunda、1987年 5月23日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。 フロリダ州 ブルックスビル出身 。 現在は"ザ・フィーンド" ブレイ・ワイアット("The Fiend" Bray Wyatt)のリングネームでWWEに所属。. さらに技ではないのですがワイアットを代表するムーブである逆エビ反りがあります。基本型はコーナー付近に立ちトップロープを掴み体を後ろに倒しアピール。稀に映画であるエクソシストの登場人物で悪魔に取り憑かれたリーガン・マクニールのようなスパイダーウォークをすることによって対戦相手に恐怖の精神的揺さぶりをかける動きですね! 息子のウィンダム・ロタンダ(デューク・ロトンド / ブレイ・ワイアット)とテイラー・ロタンダ(ボー・ロトンド / ボー・ダラス)もプロレスラーである。 Function: view, 「タイガー服部のYOUなに聞きたい!? Line: 208 Line: 24 ウィンダム・ロタンダ(Windham Lawrence Rotunda、1987年5月23日 - )は、アメリカ合衆国のプロレスラー。フロリダ州ブルックスビル出身 。現在は"ザ・フィーンド" ブレイ・ワイアット("The Fiend" Bray Wyatt)のリングネームでWWEに所属。 Line: 192 マイク・ロトンド(Mike Rotundo、本名:Lawrence Michael Rotunda、1958年3月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラー。フロリダ州セントピーターズバーグ出身。, IRSことアーウィン・R・シャイスター(Irwin R. Schyster)、マイケル・ウォールストリート(Michael Wallstreet)などのリングネームで知られる。, ブラックジャック・マリガンの娘婿で、バリー・ウインダムやケンドール・ウインダムとは義兄弟にあたる。息子のウィンダム・ロタンダ(デューク・ロトンド / ブレイ・ワイアット)とテイラー・ロタンダ(ボー・ロトンド / ボー・ダラス)もプロレスラーである。, シラキュース大学でレスリング選手として活躍後、大学の先輩であるザ・デストロイヤーにスカウトされ、1981年9月22日、西ドイツにてプロデビュー[1]。, 1982年より、アメリカのノースカロライナ州に本拠を置くジム・クロケット・ジュニア主宰のMACWで活動。レスリングの素地を持つ技巧派のベビーフェイスとして頭角を現し、12月25日にレロイ・ブラウンからNWAミッドアトランティックTV王座を奪取[2]。1983年8月7日にはカナダのトロントにて、ドン・カヌードルを破りNWAカナディアンTV王座を獲得した[3]。, 1983年9月より、エディ・グラハムが主宰していた地元フロリダのCWFを主戦場とし、9月24日にロン・バスからフロリダ版のNWA南部ヘビー王座を奪取[4]、12月16日にはトーナメント決勝でグレッグ・バレンタインを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座を獲得した[5]。CWFではバリー・ウインダムとのタッグチームでも活動し、1984年3月14日にバス&ブラック・バートのロング・ライダーズからUSタッグ王座を奪取[6]。以降も同王座を巡り、ロング・ライダーズと抗争を展開した[6]。, 1984年末、ウインダムと共にWWFに移籍。フェイスターンしていたキャプテン・ルー・アルバーノをマネージャーに迎え、"USエクスプレス" のチーム名で活躍[7]。翌1985年1月21日、ディック・マードック&アドリアン・アドニスのノース・サウス・コネクションを破り、WWF世界タッグ王座を獲得する[8]。3月31日にニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで開催されたレッスルマニアの第1回大会でアイアン・シーク&ニコライ・ボルコフに奪取されるも6月17日に奪還、8月24日にバレンタイン&ブルータス・ビーフケーキのドリーム・チームに敗れるまで戴冠した[8]。, 1986年1月、ウインダムとのコンビで全日本プロレスに初来日[9]。この時点でUSエクスプレスはWWFを離脱していたが、ロトンドは以降もWWFに単発出場し、ダニー・スパイビーとの新チーム "アメリカン・エクスプレス" などで活動、ブレット・ハート&ジム・ナイドハートのハート・ファウンデーションやアックス&スマッシュのデモリッションとも対戦した[10][11]。, 1987年3月15日には古巣のCWFにおいてエド・ガントナーを破りNWAフロリダ・ヘビー級王座に返り咲き、6月7日にもドリー・ファンク・ジュニアを下して再び戴冠[5]。同年にCWFはMACWに吸収合併されたため、同王座の最後のチャンピオンとなった[5]。以降、かつての活動拠点であったMACWに主戦場を移す。, 同年末にヒールに転向して、リック・スタイナーと大学のレスリング部をモチーフとした体育会系ユニット "バーシティ・クラブ" を結成。試合用コスチュームもショートタイツからアマレス選手スタイルのショルダータイツとなった。スタイナーと仲間割れ後の1988年9月からはスティーブ・ウィリアムスを新パートナーに活動(マネージャーはケビン・サリバンが務め、後にスパイビーも加入)。1989年4月2日、ウィリアムスと組んでロード・ウォリアーズを破りNWA世界タッグ王座を獲得した[12]。, バーシティ・クラブ解散後、MACWを買収したWCWにて1990年11月より、証券アナリストをギミックとしたマイケル・ウォールストリートに変身。以降、1990年代は頭脳派のホワイトカラー系ヒールとして活躍し、1991年3月の新日本プロレス来日[13]を経て、同年4月よりアメリカ国税局(Internal Revenue Service)と同じイニシャルのIRSことアーウィン・R・シャイスター(Irwin R. Schyster)を名乗りWWFに参戦[14]。ワシントンD.C.出身の元IRS収税吏というキャラクター設定のもと、眼鏡にスーツ姿でブリーフケースを手に、マイクで観客に納税を促しながらリングに登場。Yシャツにネクタイ、スラックス姿のまま試合を行うなど、WCWでのマイケル・ウォールストリートをさらに発展させたギミックで注目を集め、ハクソー・ジム・ドゥガンやビッグ・ボスマンなどのブルーカラー系のベビーフェイスと抗争を繰り広げた[15]。, 1992年からは金満家ギミックの"ミリオンダラー・マン" テッド・デビアスと "マネー・インコーポレーテッド(マネー・インク)" なるタッグチームを結成[16]。同年2月7日、リージョン・オブ・ドゥームを破りWWF世界タッグ王座を再び獲得[8]。1993年4月4日のレッスルマニアIXでは、ハルク・ホーガン&ビーフケーキのザ・メガマニアックスを挑戦者チームに防衛戦を行い、デビアスと共にホーガンのWWF復帰戦の相手を務めた[17]。その後もWWFに定着して、デビアスとのマネー・インクではナチュラル・ディザスターズやスタイナー・ブラザーズ、シングルではタタンカやレイザー・ラモンなどと抗争を展開した[18][19]。, 1995年9月、WWFを離脱してWCWに移籍。ビンセント・ケネディ・マクマホンのイニシャルをもじったV・K・ウォールストリートを名乗ってWWFからの回し者キャラクターを演じ[7]、初戦となる9月11日放送のマンデー・ナイトロにてスティングのUSヘビー級王座に挑戦した[20]。1997年からはnWoの一員となり、同年6月にマイケル・ウォールストリートの名で新日本プロレスに6年ぶりに来日[21]。以降も1999年まで新日本プロレスに再三来日して、蝶野正洋率いるnWoジャパンおよびTEAM 2000で活躍した[1]。, WCW離脱後は日本を主戦場とするようになり、2000年11月には全日本プロレスでウィリアムスとバーシティ・クラブを再結成して世界最強タッグ決定リーグ戦に出場、12月9日の日本武道館での決勝戦で川田利明&渕正信を破り優勝を果たした[22]。2001年2月24日には、博多スターレーンにて太陽ケア&ジョニー・スミスの世界タッグ王座にウィリアムスと組んで挑戦している[23]。, 2003年11月にはウインダムとのUSエクスプレスでIWAジャパンに参戦[24]。翌2004年5月4日、同団体の後楽園ホール大会で引退試合が行われ、ウインダム&三宅綾と組み、ドゥガン、ロード・ウォリアー・アニマル、松田慶三のトリオと6人タッグマッチで対戦(レフェリーはデビアス)[25]、ドゥガンからフォールを奪い勝利を飾った。, 引退後は、2006年よりWWEのロード・エージェントとして活動[7]。番組内にも時折登場し、2010年3月29日のRAWで行われたクリスチャン対テッド・デビアス・ジュニアのランバージャック・マッチでは、デビアス、ニック・ボックウィンクル、パット・パターソン、サージェント・スローター、トニー・ガレア、リッキー・スティムボート、ロディ・パイパー、ジェリー・ローラー、アーン・アンダーソンらと共に、レジェンドの1人としてランバージャック役を務めた[7]。, NWA United States Tag Team Title [Florida, History of the WWE World Tag Team Championship, The AJPW matches fought by Mike Rotunda in 1986, The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1986, The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1987, NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic/WCW, The NJPW matches fought by Mike Rotunda in 1991, The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1991, The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1992, The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1993, The WWE matches fought by Mike Rotunda in 1994, The WCW matches fought by Mike Rotunda in 1995, The NJPW matches fought by Mike Rotunda in 1997, The AJPW matches fought by Mike Rotunda in 2000, The AJPW matches fought by Mike Rotunda in 2001, The IWA Japan matches fought by Mike Rotunda in 2003, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=マイク・ロトンド&oldid=79614740.

バイク 馬力 250, ブリジストン 電動自転車 メインスイッチ 点滅, パワーポイント プレゼン 録画 音声, イラレ カラーピッカー 変わる, セリア リメイクシート 防水, 告白 バラされた 職場, マイクラ モンスター 消すコマンド, スタート ピン アイコン 表示 されない, じ ぶん 銀行 住宅ローン アフィリエイト, Lineカメラ スタンプ 作り方, 円グラフ 100 にならない 注意書き, パワーポイント プレゼン 録画 音声, メール 誤変換 おもしろ, 告白 映画 感想, 肌 塗り方 厚塗り, スカイウェイブ250タイプ M 中古, 己斐 市役所 前 バス, イオン 東習志野 チラシ, Iphone スピーカー 片方 音が出ない, プリンター オフライン スマホ, ワインディングマシーン つけ っ ぱなし, Jis 記号 電気通信, Wordpress テーマ おしゃれ 日本語 無料, 日ハム 石井 ペーニャ, グリーン車 トイレ 何号車,

Author:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.